カケハシビジネスコラムBusiness Column

成功者に共通する5つの特徴!仕事で上手くいく人が実践すること/上手くいかない時に見直すポイントも解説

「なかなか仕事で成果を出せなくて悩んでいる」「職場の人と上手くコミュニケーションを取ることができなくて辛い」大小の差はあれど、仕事に関する悩みを抱えている人は、思っているよりも多いものです。

そこで今回は、仕事で上手くいく人の共通点を5つピックアップしてみました。

合わせて仕事が上手くいかない時に見直した方が良いことも解説しています。
 

  • 仕事ができるようになりたい
  • チャレンジしたい事業がある
  • 会社の人と上手くやりたい 

…など、仕事に関する悩みを抱えている方はぜひ最後までご覧下さい!

 

 

仕事で上手くいく人の共通点

それでは早速、仕事で上手くいく人の共通点を紹介します。仕事が上手くいく人は、下記の5点が共通していることが多いです。

 

  • 目標設定と優先順位付けを徹底している
  • 失敗を恐れず挑戦している
  • コミュニケーション能力が高い
  • 時間管理とプランニング能力が身についている
  • 継続的な学習と自己成長を意識している 

 

それぞれ詳しく解説します!今日から実施できるものばかりですので、ぜひすぐにでも取り入れたり、意識してみてください。

 

①目標設定と優先順位付けを徹底している

仕事をする上で、日頃から目標設定と優先順位付けはできていますか。

どんなに些細な仕事でも目標設定と優先順位を付けることで、効率的にこなすことができます。

例えば、上司から依頼された仕事に対して漫然と取り組んでいては納期が守れず、またクオリティも担保できなくなる可能性があります。

 

何事も下記の3つを意識して仕事を進めることで、限られた時間の中でより良い仕事ができるようになります。

 

  • 何のために
  • いつまでに
  • その仕事を行うことで何が得られるのか 

仕事のモチベーションが上がらない方の多くは『この仕事が何の役に立っているかわからない』という点にあるかと思いますが、役に立たない仕事はありません。

 

②失敗を恐れず挑戦している

自分の持てるスキルよりも難易度の高い仕事を任されそうになった時『自信がありません』と辞退してはいけません。

自身の成長のためには、少しストレッチが効いた仕事は不可欠です。
 

仕事ができる人、上手くいく人というのは、失敗を恐れずに今の自分よりもレベルの高い仕事にチャレンジしようとしています。

今の自分でできるかどうか分からない仕事を提示された時、迷わず『やらせて下さい』と言える勇気を持ちましょう。

 

③コミュニケーション能力が高い

仕事をする上で、お客様や取引先と良好な関係を築くのはもちろんですが、社内営業も忘れてはいけません。

仕事が上手くいく人というのは社内営業が上手く、人から助けてもらうことに長けています。
 

人を頼るのが苦手な方、人と連携して仕事を進めるのが苦手な方は、自身のモチベーションや体調に仕事の成果が左右されてしまいますが、上手に社内メンバーとコミュニケーションを取って助けてもらえる人は安定的に成果を上げることができます。


 コミュニケーション能力を高める、と一言で言うと難しく感じるかもしれませんが、『相手を知ろうとする能力』と言い換えるとどうでしょう。

自分のことをよく知りたいと思っている人のことを悪く思う人はいるでしょうか。コミュニケーション能力を高めるには、まず目の前の人の良いところを探す訓練をすることをおすすめします。

 

④時間管理とプランニング能力が身についている

仕事には何事も必ず期日があります。

時間管理と、何から仕事をこなしていくか計画するプランニング能力を身につけましょう。

これは優先順位付けと似ていますが、下記の2点を考慮してプランニングすると良いですね。
 

  • 仕事にかかる時間はどのくらいか
  • 仕事の優先順位はどのくらいか
     

また、プランニングする際は必ず全ての仕事を詰め詰めにするのではなく、バッファを設けるようにしましょう。

仕事をする上で何かしらのトラブルはつきものですから、あえてスケジュール帳に『空白の時間』をつくることも大切です。

 

⑤継続的な学習と自己成長を意識している

忙しいとなかなか学習に時間を割けないことも多いでしょう。

社会人になると自分のために時間を使うことができない人は多いはず。

しかし、仕事が上手くいく人は継続的な学習と自己成長への投資に余念がありません

ここで言う投資とは、時間的・金銭的の両軸を指しています。

 

通勤時間に学習をしたり、オーディオブックを活用して定期的にインプットの機会を設けると良いでしょう。

モチベーションが上がらなければ、何か資格を取得するなどの目標を設定することをおすすめします。

 

 

仕事で上手くいかない時に見直すべき5つのポイント

現時点で仕事が上手くいかないと悩んでいる方は、ぜひ次の5つのポイントを見直してみてください。解決の糸口が見つかるはずです。

 

  • 目標が明確かどうか確認する
  • コミュニケーション方法やスタイルを見直す
  • ストレスや心理的負荷を軽減するために健康管理を徹底する
  • スキルや知識の不足を補うために、自己啓発を行う
  • ワークライフバランスが崩れていないか見直す 

 

それぞれ具体的に解説します!

 

①目標が明確かどうかを確認する

まず第一に、仕事をする上で目標が明確に定まっているかどうか見直してみましょう。

人は目指すものが無くなった時、途端に弱くなるものです。

 

  • 仕事にかかる時間を短くする
  • 毎日5分早く出勤する
  • 仕事に必要な資格を取得する
  • 次の考課で昇格を目指す 

 

など、何でも良いので仕事に絡んだ目標を設定してみましょう。

この時、目標設定を大きすぎるものにしてしまうと現実と理想の乖離にモチベーションが下がってしまうので、数週間~数カ月単位の『短期目標』と数年単位の『長期目標』の2軸で設定することをおすすめします。

 

②コミュニケーション方法やスタイルを見直す

仕事が上手くいっていない時、職場の人や取引先に対して良いコミュニケーションが取れているか見直してみましょう。

先述した通り、職場の人間関係は仕事の安定的な成果に大きく関係してきます。
 

  • 職場の人間関係に依存しすぎていないか
  • お互い様の心は持てているか
  • 職場の人に対し、無視など嫌な対応はしていないか 

上記は当たり前のことですが、この当たり前ができていない人は意外と多いです。

特に、職場の人間関係に依存しすぎてべったりになってしまうと、そちらに気を取られて本来お客様や取引先に使わなければ行けないリソースが大きく割かれてしまい、非効率的です。
 

職場の人間関係はつかず離れず、でもお互い様の心を持ってコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

③ストレスや心理的負荷を軽減するために、健康管理を徹底する

仕事が上手くいかないと感じる時、ストレスや心理的不可を感じてはいませんか。

また、体調は悪くないですか。人間、身体が資本ですので、調子が悪い中で良いパフォーマンスを出すことはできません。
 

『原因がわからないけど漠然と調子が悪い』という人は、良質な睡眠がとれているかトラッキングして確認してみても良いでしょう。

忙しい中難しいことも多いかもしれませんが、栄養バランスの整った食事と良質な睡眠、適度な運動に勝る健康管理はありません

 

④スキルや知識の不足を補うために、自己啓発を行う

忙しさにかまけて新しい知識をインプットできていない状態が続くと、仕事で新たな成果を出すことが難しくなります。

現状維持は聞こえは良いですが、周囲が進んでるのに対して現状を維持するということは、それは退化と等しいです。
 

なんとなく上手くいかないな、と思うことが増えたら、自己啓発にチャレンジしてみてください。

新しいことにチャレンジするのは、生活にメリハリが出て新鮮さを得ることもできますよ。

 

⑤ワークライフバランスが崩れていないか見直す

オーバーワークになっている人は、まずワークライフバランスの両立を目指してください。

職場によっては連日深夜まで残業が続くということもあるでしょう。

しかし、そのような状態では仕事のパフォーマンスが落ちてしまうので、結果的に仕事が上手くいかなくなってしまいます。
 

仕事を頑張る方の中にはワーカホリック気味な方もいますが、良い成果を出すためには効率も求めなければなりません。

ワークライフバランスが崩れている方は、環境の整備からスタートしましょう。
 

場合によっては転職を検討した方が良いケースもありますので、自分で判断がつかない時は友人や家族、人材紹介のキャリアカウンセラーでも良いので、相談に乗ってもらうことをおすすめします。

 

 

まとめ

仕事が上手くいく人は、必ず日頃から効率性を求め、社内外問わずコミュニケーションを大切にしています。

仕事が上手くいかなくて悩んでいる方は、今回紹介したポイントを参考にして仕事や生活のスタイルを変化させてみてはいかがでしょうか。
 

また、仕事は1日の中で大部分の時間を占めるものですので、妥協せずワークライフバランスの両立を求めることも大切です。

取り巻く環境がブラックだと感じる時には潔く転職をする勇気を持つことも大切です。
 

カケハシでは、常時100件以上の独立開業案件を紹介しています。

『転職する』という決断をするためには、収入源をひとつにしないことも安心材料になるはずです。

 

 

 

 


 

コラム最新記事一覧