カケハシビジネスコラムBusiness Column

フランチャイズ

フランチャイズの意味とは?仕組みやメリット/デメリットや成功例・失敗例をわかりやすく解説!

フランチャイズは、一貫したビジネスモデルとブランドを活用して新しいビジネスを開始するための魅力的な方法です。

この仕組みを利用すれば、多くの経営者が自分のビジネスを成功させるためのサポートを受けられます。

しかし、そのメリットとともにデメリットも存在し、成功例もあれば失敗例もあります。

この記事では、フランチャイズの基本的な仕組みからメリット・デメリット、具体的な成功例と失敗例について詳細に解説します。

 

​━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 目次 】

​━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 


 

フランチャイズとは?

​━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語:Franchise

意味:専売権を与える、一手販売権

​━━━━━━━━━━━━━━━━━

直訳すると上記の意味合いを持つ言葉です。

日本のビジネス社会におけるフランチャイズの意味は、運営本部の商標やノウハウを加盟店に与える見返りとして、ロイヤリティを本部に支払うシステムを指します。

多くの小売業やサービス業で採用されるビジネスモデルの一つです。

稀に個人が展開している場合もあるようですが、その多くは法人が運営元の場合がほとんどです。

具体的には、下記のような業種で多く見受けられるシステムです。


●フランチャイズ一例

・大手コンビニ

・コインランドリー、クリーニング屋

・美容・エステ業界

・ラーメン屋などの飲食店

・キッチンカー

・ハウスクリーニング、リペア業界

・買取専門店、リサイクルショップ

・結婚相談所

・不動産業界

・軽貨物宅配サービス

・介護、福祉、宅食など


おそらく日々生活する中でほぼ100%フランチャイズの店舗を見かけたり、利用していると思われます。

それほどまでに有名かつ市民権のあるシステムです。

フランチャイズを選択することで、事業立ち上げ時のリスクを軽減でき、支援やトレーニングを受けながら成功確率を高めることが期待できます。

特に、独自のビジネスモデルを一から構築する手間を削減しながら、一定の成功パターンに乗せることができる点が魅力です。

フランチャイズの意味とは?

先ほど軽く触れましたが、「フランチャイズ」の意味とは、フランチャイザー(本部企業)とフランチャイジー(加盟店)との契約を基に、フランチャイジーがフランチャイザーの商標やビジネスモデル、商品やサービスを利用して事業を展開するビジネス形式です。

具体的には、フランチャイザーは以下の支援を提供します。

  1. ブランド使用権
  2. 製品供給
  3. マーケティングや広告支援
  4. 研修や人事管理のサポート

これに対して、フランチャイジーは契約料やロイヤリティを支払い、これらの支援を受けます。

フランチャイズは、独自のビジネスをゼロから構築するリスクを軽減し、実績のあるビジネスモデルを活用できる点で非常に有益です。

これにより、フランチャイジーは成功するための実績あるビジネスモデルを活用し、早期に市場での地位を確立しやすくなります。

フランチャイズの市場規模と現状

日本におけるフランチャイズ市場は、特にコンビニエンスストアや飲食業、教育サービスなどで大きく成長しています。

日本フランチャイズチェーン協会のデータによると、フランチャイズチェーンの売上高は年々増加し、総売上高は数兆円規模に達しています。

例えば、コンビニエンスストアは国内のフランチャイズ市場で最も代表的な分野で、全国に数万店舗が展開されています。

飲食業ではフランチャイズ形式を採用するチェーンが増加しており、特にファストフードやカフェ、居酒屋が人気です。

さらに、学習塾や語学スクールなどの教育サービスもフランチャイズ形式で展開され、安定した需要があります。

一方で、フランチャイズ市場には激しい競争とともに、フランチャイザーとフランチャイジー間のトラブルも少なくありません。

成功するためには、常に市場動向を把握し、慎重な事業計画と適切な契約内容を理解することが不可欠です。


 

フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは、既存の企業(フランチャイズ本部)がそのブランド名や営業ノウハウを提供し、加盟店がこれを利用してビジネスを運営する形態です。

起業を検討する方にとって魅力的な選択肢ですが、儲かる仕組みになっているのかは気になる所かと思います。

もちろん儲かる確約はどんな商売にもありませんが、既に成功したビジネスモデルを活用できるため、独自に事業を立ち上げるリスクが軽減される分成功への道筋はイメージしやすいでしょう。

フランチャイズ本部と加盟店の関係

フランチャイズ本部と加盟店の関係は、明文化されたルールのもと、互恵的なパートナーシップが基本です。

フランチャイズ本部は成功しているビジネスモデル、ノウハウ、強力なブランド力を提供し、加盟店はそれを地域で運営します。

この関係により、本部はビジネスモデルやブランドを広め、加盟店は確立されたモデルを活用して起業できます。

また、本部は定期的にスーパーバイザー(SV)を店舗に派遣し、実践的なノウハウをレクチャーしてくれることが多いです。

具体的には、フランチャイズ本部は研修プログラム、マーケティング支援、運営マニュアルを提供し、加盟店の成功をサポートします。

一方で、加盟店は本部からの資源を活用し、地域市場に最適化した運営と優れた顧客サービスを展開します。

フランチャイズの契約内容とロイヤリティ

フランチャイズ契約内容には以下の項目が含まれます。

  • 加盟金と継続的なロイヤリティ
  • 広告費やマーケティング費用の一部負担(※加盟する契約によります)
  • 特定の仕入れ先や資材を使用する義務(※加盟する契約によります)

ロイヤリティは通常、売上の一定割合として計算され、本部が提供する継続的サポートの費用に充てられます。

フランチャイズ契約内容は非常に重要であり、詳細に理解することが不可欠です。

必ず弁護士などの専門家の助言を受けることをお勧めします。

直営店とフランチャイズの違い

直営店とフランチャイズの最も大きな違いは経営の主体にあります。

直営店は本部が全面的に運営と管理を行うため、本部が全リスクを負います。

一方、フランチャイズでは独立した加盟店オーナーが運営を行い、リスクも分担します。

これにより経営リスクの分散や資本の多様な活用が可能です。直営店は本部の資本で運営される一方、フランチャイズでは加盟店の資本を活用し、運営の自由度が高くなります。

また、一般的によく用いられる「チェーン店」という言葉がありますが、一般ユーザーからすれば直営店とフランチャイズの見分けはつきませんので、両方まとめて呼称する際に用いられるケースが多いです。

フランチャイズには独立した事業運営の自由度がありながらも本部の支援を受けられるという特徴があります。

これはフランチャイズ起業を検討している方にとって非常に魅力的な選択肢となるでしょう。


 

フランチャイズ起業のメリット

先ほど触れた通り、成功したビジネスモデルを活用し、新規事業立ち上げのリスクを軽減出来ることが大きなメリットです。

他にもどのようなメリットがあるか確認していきましょう。

本部からの経営サポート

もう一つのフランチャイズ加盟の最大の利点として、本部からの経営サポートが挙げられます。

具体的には、店舗オープン前の立地選定や設計、的確なマーケティング戦略の提供が挙げられます。

これにより、起業初心者でも事業運営でスムーズに進行できます。

また、本部は定期的な研修やコンサルティングを提供し、経営ノウハウや最新のビジネストレンドをリアルタイムで学ぶ機会を提供します。

これにより、フランチャイズ加盟者は常に新しいビジネス情報を得て競争力を維持できます。

フランチャイズシステムは、初めての起業でも成功のチャンスを最大限に引き出す支援体制を持っているとも言えるでしょう。

ブランド力の活用

多くのフランチャイズ本部は強力なブランド力を持っており、これは消費者に安心感を提供するとともに、集客力を高める重要な要素です。

独自ブランドを立ち上げる場合、認知度の向上には多大な時間と費用がかかる一方、フランチャイズでは既に確立されたブランド力を活用できるため、短期間で顧客を獲得できます。

ブランド力が強ければ強いほど、初期投資のリスクが低減し、経営の安定性も向上します。

特にフランチャイズ起業を検討している方にとって、このブランド力の活用は大きなメリットとなります。

資金調達の容易さ

フランチャイズ起業を検討する方にとって、金融機関からの資金調達が比較的容易である点は大きなメリットです。

これは、多くのフランチャイズ事業が成功実績を持ち、その信頼性が金融機関に評価されるためです。

また、多くのフランチャイズ本部は独自の融資制度を提供しており、柔軟で好条件の融資が受けられる可能性があります。

こうした条件により、資金面での不安が軽減され、起業準備がスムーズに進むのが魅力です。

未経験者でも成功しやすい仕組み

フランチャイズは未経験者でも成功しやすい仕組みを提供しています。

多くのフランチャイズ本部は、事業運営に必要な詳細なマニュアルや業務プロセスを提供し、それに従うことで一定の成果を上げやすいです。

また、他のフランチャイジーとの情報共有や支援体制が整っているため、困ったときには頼れる安心感があります。

これらの支援を活用することで、ビジネス経験が浅い方でも収益を着実に上げることができる点が魅力です。

フランチャイズ起業のメリットを総合的に考えると、資金調達の容易さと合わせて、初心者や脱サラからの一人開業でも安定したビジネス運営が期待できるでしょう。

 

 

 

 

 

 


 

フランチャイズのデメリット

フランチャイズに興味を持つ多くの方々にとって、成功のための支援やブランド認知度の利用は非常に魅力的です。

一方で、注意点としてフランチャイズにもデメリットは存在します。

経営の自由度の制限

運営方針に関してはフランチャイズ本部から提供されるマニュアルやガイドラインに従う必要があり、その結果、経営方針や商品ラインナップ、店舗のレイアウトなどに制約がかかることが一般的です。

これはブランドの一貫性を保つために必要な措置ですが、自分自身のアイデアや創意工夫を活かしにくいと感じる方もいるでしょう。

この制限がフランチャイズ起業のデメリットの一つとして挙げられますが、成功するためにはこの点についても考慮することが重要です。

ロイヤリティの支払い

フランチャイズビジネスの成否のカギと握っていると言っても過言ではない一つの重要要素として、継続的なロイヤリティの支払いがあります。

ロイヤリティは売上の一定割合として設定されることが一般的で、毎月の売上が多ければ多いほど支払う金額も増えます。

この支払いは、固定費と変動費が組み合わさることが多く、初期段階や売上が安定しない時期には特に大きな負担となることがあります。

ロイヤリティの支払いが収益を圧迫する要因となるため、事前に十分な資金計画が必要です。

競業避止義務

フランチャイズ契約には競業避止義務が含まれることが一般的です。

これは、契約期間中および一定期間の間、同業種や類似業種でのビジネスを禁止する条項であり、フランチャイズ本部が店舗運営のノウハウや機密情報を保護するためのものです。

しかし、この競業避止義務により、フランチャイズを辞めた後に同じ業態で独立開業するのが難しくなる場合があります。

将来的なキャリアプランに大きな制約を与える可能性があるため、フランチャイズ起業を検討している方はこの点を十分に理解し、慎重にフランチャイズ契約内容を確認することが重要です。

閉店・閉業に関する規則

契約によっては、解約時に違約金が発生するケースもあります。

実態として、運営本部も黒字化まで長期目線で伴走する分、簡単に閉店されては収支が立たないという事情からこういった違約金を課すケースがある模様です。

反面、フランチャイズ募集が0円から可能などの程コスト開業を謳う場合に関しても違約金設定がある場合があります。

運営元も経営の安定化は必須ですので、それぞれの運営状況に応じた理由から設定されている模様です。

事前に契約をしっかりと目を通し、事業を開始するならじっくりと腰を据えて取り組む覚悟をもってこそWIN-WINの関係を築いていけるでしょう。

ブランドイメージのリスク

フランチャイズでは加盟店が同一ブランドを使用するため、他の加盟店の行動やサービス品質が自分のビジネスに影響を及ぼすリスクがあります。

他の加盟店での不祥事や品質低下が報道されれば、全体のブランドイメージが損なわれ、自店舗にも影響が及ぶ可能性があります。

このリスクを理解し、本部がどのような品質管理を行っているか、他の加盟店との連携体制がしっかりしているかを確認することが重要です。


 

フランチャイズと直営店の違い

フランチャイズと直営店の違いを見ていきましょう。

それぞれの選択には独自のメリットとデメリットがあります。

どちらが適しているかは、自分の経営スタイルやリソースに合わせて慎重に検討することが重要です。

直営店とフランチャイズの違い

直営店とフランチャイズの大きな違いは、経営主体にあります。

直営店は本部が直接経営・管理を行い、全責任を負います。

一方、フランチャイズは、フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)が契約に基づいて協力し、フランチャイジーが本部のブランドやノウハウを活用しつつ、自身の資金と労力で店舗を運営します。

この違いにより、以下の点で異なります。

 

・資金調達

直営店は本部が必要な資金を提供しますが、フランチャイズではフランチャイジーが自身の資金を投資します。

・リスク分担

直営店は本部がリスクを全て背負いますが、フランチャイズではフランチャイジーがリスクを分担します。

・意思決定

直営店は本部の方針に従う必要がありますが、フランチャイズ店は本部の指導を受けつつ、一定の裁量で経営を行うことができます。


このように、直営店とフランチャイズには資金調達、リスク分担、意思決定の面で明確な違いがあります。

また、新商品の発売や新たな店舗運営オペレーションなどの試行はまず直営店から実施し、実績が出てからフランチャイズに敷設するというような違いもあります。


 

フランチャイズでの開業に必要な資金

フランチャイズでの開業は、しっかりとした計画と資金管理が成功の鍵となります。

フランチャイズビジネスでは一定の初期投資が必要ですが、その額はフランチャイズの種類や規模によって異なります。

初期費用と開業資金

フランチャイズ起業を検討している方々が最初に直面するのが初期費用と開業資金です。

この資金には、フランチャイズ加盟金、店舗設置費、設備費、在庫費用が含まれます。

これらの費用はフランチャイズの種類や規模により異なり、一般的には数百万円から数千万円が必要です。

加盟金はフランチャイズ本部に支払うもので、ブランドの使用権やノウハウ提供に対する対価として設定されます。

また、店舗設置費や設備費は立地や店舗の大きさによって変動しますので、具体的な見積もりを取り、十分な準備を行うことが重要です。

これにより、開業前の不安を軽減し、成功するための基盤を築くことができます。

資金面のサポート

一方で、多くのフランチャイズ本部では、開業資金へのサポートプログラムを提供しています。

例えば、金融機関との提携により、低金利融資を受けやすくする制度や、初期費用の分割払いなどの柔軟な支払いプランを設けている場合もあります。

これらのサポートを有効活用することで、初期費用の負担を軽減することが可能です。

フランチャイズ本部のサポート内容を事前に詳細に確認し、自身の資金計画にどのように組み込むかしっかり検討することが重要です。

また、自治体や国庫からの助成金・補助金制度を活用することも一つの手です。

地域によっては、起業支援のための特別プログラムが用意されている場合もあり、これらの制度を上手に利用することで、資金面の負担をさらに軽減できます。

このように、多様なサポートを活用して、フランチャイズでの開業に必要な資金を適切に調達し、スムーズなスタートを切ることが可能です。


 

フランチャイズの開業プロセス

フランチャイズは、既存のビジネスモデルを基に起業する方法で、多くの人にとってリスクを減らす魅力的な選択肢です。

しかし、成功するためには、正しい開業プロセスを理解し、慎重に進めることが重要です。

ここではフランチャイズの選び方の参考として、加盟までの一連の流れを説明します。

業種・業態の選び方

フランチャイズを選ぶ際には業種や業態の選定が成功の鍵となります。

例えば業種一つを取ってみても、飲食店や小売店、サービス業など選択肢は多岐にわたります。

まずはしっかりと自分の強み・弱みの理解、将来の理想などの自己分析を行い、業種を選ぶことが不可欠です。

また、市場調査も重要で、目指す地域での市場需要や競争環境をよく把握する必要があります。

さらに、フランチャイザーの実績も確認し、成功事例や評判を基に信頼性を判断することが求められます。

無料説明会に参加

業種や業態を絞り込んだら次に行うべきは無料説明会への参加です。

詳しくは後述いたしますが、自分が加盟するとどうなるか、というフランチャイズに関する具体的なイメージが深まります。

加盟契約の確認

説明会で得た情報を基に候補を絞り込んだら、次は加盟契約の詳細を確認する段階です。

この契約内容を正確に理解し、不明点をクリアにすることは非常に重要です。

まず、契約書の内容を注意深く読み、リスク、義務、権利について詳しく理解しましょう。

フランチャイズ起業は多くのリスクを伴うため、必要に応じて弁護士に相談し、法律的なリスクがないか確認することもおすすめです。

さらにフランチャイザーに詳細を確認し、不明点を全て解消してから契約に進むことが重要です。

開業準備から営業までの流れ

契約が完了したら、本格的なフランチャイズの開業準備が始まります。

この段階では、店舗選定、商品仕入れ、従業員採用など、多岐にわたるタスクが待っています。

店舗選定では、高い集客力を誇る立地条件を重視することが成功の鍵です。

次に、商品仕入れについては、フランチャイザーの指示に従い、必要な商品を適切に準備します。

また、優秀な従業員を採用し、フランチャイザー提供の研修プログラムを活用して教育することも重要です。

これらのステップを着実に踏むことにより、フランチャイズビジネスの開業は順調に進み、成功の基盤を築くことができます。


 

フランチャイズ説明会・セミナーの参加

フランチャイズ起業を検討する際、説明会やセミナーは重要な情報収集の機会です。

多くのフランチャイズ企業が無料説明会を実施しています。

オンラインでもありますし、お近くの会場まで出張で説明会を実施しにくることもあるでしょう。

これらのイベントに参加することで、フランチャイズビジネスの運営方法や成功のヒントを直接得られますので、必ず出席するように心がけましょう。

具体的な成功例や失敗例も紹介され、自分のビジネスプランの参考になります。

また、説明会やセミナーを通じて、同じくフランチャイズ起業を目指す仲間や経験豊富な起業家と出会う機会も得られるため、ネットワークを広げる絶好の機会でもあります。

説明会の内容と参加方法

参加方法は企業指定のフォーマットで申し込みましょう。

ほとんどの企業はWEBでの申請になっており、特段難しいことはなさそうです。

まずは、説明会で配布される資料やパンフレットをしっかり読み込みましょう。

加盟本部の配布する資料には多くの情報が含まれており、後々の参考になりますが、全てが網羅されているとは限りません。

したがって、事前に疑問点や不安をリストアップしておくことも重要です。

特に、この辺りの情報はしっかりチェックすると良いでしょう。

  • 運営本部の実績、運営年数、本部のサポート人数
  • 必要な自己資金と予想回収期間
  • 研修、教育
  • 加盟サポート、運営後のサポート
  • 実際の成功事例

セミナーで学ぶ成功事例

フランチャイズセミナーでは、実際にフランチャイズ起業に成功した具体的な事例から、貴重な知識を得ることができます。

以下は、セミナーで学べる成功事例です。

●地域密着型ビジネスの展開

●コミュニティに溶け込み、高い顧客満足度を確保し成功した事例。

●ブランディングの工夫

ローカルなニーズに応じた独自のブランディング戦略を施し、他の事業者と差別化を図った例。

●効果的なマーケティング

低コストで高効果のマーケティング手法を活用し、顧客基盤を急速に拡大した事例。

●人材育成とチームビルディング

優秀なスタッフを採用し、育成することで業務の安定性と成長を実現した事例。

●フランチャイズ本部との連携

本部との密な連携と協力を通じて効率的な事業運営を実現した事例。

 

セミナーに参加することで、これらの成功事例をもとにした具体的な戦略や実際に行った施策、得た教訓を学ぶことができます。


 

フランチャイズ本部選びのコツ

フランチャイズ起業を成功させるためには、フランチャイズ本部選びが極めて重要です。

運営本部の雰囲気、担当者の活力、事業としての信頼感、会社の歴史など・・・。

直感を大事にしつつ、上記のような総合的な観点で本部を選びましょう。

本部選びのチェックポイント

一番重視すべきは、ビジネスモデルの透明性です。

提供されるビジネスモデルが明確で理解しやすいことが成功の鍵になります。

併せて過去の実績を詳しく調べることが重要です。

フランチャイズ本部の過去の成功事例や既存のフランチャイジーの満足度を確認し、信頼できる情報を集めましょう。

さらに、フランチャイズ本部の信頼性を評価する必要があります。

本部の評判や信頼度が高いことを確認するために、口コミや第三者の評価を参考にしましょう。

収益性と成長可能性の見極め

フランチャイズ選びでは、事業の収益性と成長可能性を見極めることが不可欠です。

まずは収支計画の確認が重要です。

初期投資、運転資金、収益予測など具体的な数字を明示してもらい、自身の収支計画と照らし合わせることが求められます。

また、市場分析も欠かせません。事業のターゲット市場やニッチ市場の分析結果を確認し、その市場での成長可能性を見極めることが重要です。

さらに、提供される商品やサービスが今後も需要が見込めるか、または革新的な面があるかを確認することで、将来的なビジネスの成功に繋がります。

本部のサポート体制

フランチャイズ契約後、本部のサポートは起業成功に欠かせません。

まず、本部の研修プログラムの質と内容を確認しましょう。

特に実務に直結する部分がどれだけ充実しているかが重要です。

日常業務で本部からの営業サポートやマーケティング支援がどの程度提供されるかをしっかり見極める必要があります。

トラブル発生時の対応体制も確認しておくべきです。

問題解決のための迅速な連絡先や本部のサポート体制がどうなっているかを事前に把握しておくことで、安心してビジネスに取り組むことができます。

これらの要素を総合的に判断することで、本部のサポート体制の充実度を見極め、成功の可能性を高めることができます。

競合優位性の確認

競合分析として、本部が提供する情報を活用し、競合他社と比較することで、自社の競争力を明確に把握しましょう。

さらに、本部の独自の強みや特許技術などを確認し、それが競争力にどのように影響するかを検討することが重要です。

また、その業界での市場シェアやブランド力を確認し、競合他社との差別化ポイントを理解することも必要です。

以上のポイントを総合的に検討することで、フランチャイズ起業の成功への道をより確実なものとできます。

本部のサポート体制から競合優位性まで、幅広い視点で本部選びを行うことで、より安定したビジネス展開が期待できます。

フランチャイズ起業を考える際には、これらの要点をしっかりと押さえ、綿密な計画を立てることをお勧めします。


 

フランチャイズの成功例・失敗例

フランチャイズ起業を検討する際には、成功例と失敗例を理解することが不可欠です。

具体的な事例を通じてフランチャイズの実態を知るきっかけに出来れば幸いです。

成功例

多くの企業家が初めての起業で成果を上げています。

ほんの一部にはなりますが、事例を見ていきましょう。

▼脱サラして成功した事例

【30代後半でサラリーマンを辞めてフランチャイズに挑戦し、見事に成功したAさんの事例】

フランチャイズ加盟前の企業では管理職として勤めており、その経験を活かせると考えました。

また、フランチャイズ経営に役立つ知識と人脈を持っていたことも起業の後押しになりました。

選んだフランチャイズは市場で地位を確立している某コンビニチェーンです。

Aさんは初期投資資金に制約がありましたが、フランチャイズ本部の研修とサポートを活用。

地域のニーズをリサーチした集客戦略を立てた結果、経営開始後すぐに売上が安定し、1年で黒字化を達成。

その後も順調に店舗の拡大を進めることができました。

▼副業から成功した事例

【副業としてフランチャイズを始めたBさんの事例】

情報通信業界で働くサラリーマンでしたが、将来的に経済的自立を目指してフランチャイズ起業にチャレンジ。

選んだのは、初期投資が比較的低く、時間の柔軟性がある宅配ビジネスでした。

Bさんは週末を利用して経営に携わり、配達エリアの調査とマーケティング活動を精力的に行いました。

結果的に主に地元のお年寄りや忙しい家庭の需要を捉え、順調に成長しました。

成功の要因は顧客のニーズに合わせた商品ラインナップと柔軟な配送スケジュールを提供したことで、高い顧客満足度を獲得できたことです。

2年後にはフルタイムのビジネスに転向し、大幅な収益増を実現しました。

失敗例

フランチャイズ起業における失敗例の一つとして、経営者の初期投資の過小資金があります。

必要な資金を十分に確保せずにスタートすることで運営資金が不足し、ビジネスが安定する前に資金繰りに困ることがあります。

▼ロイヤリティの安さで失敗した事例

Cさんは初期投資の低さを重視し、ロイヤリティが非常に低いフランチャイズに加盟しました。

しかし、安価なロイヤリティが裏目に出ました。

そのフランチャイズは初期の指導や研修が不十分で、継続的なサポートもほとんど提供されませんでした。

運営開始後にマーケティング支援の欠如や、サプライチェーンの不安定さ、スタッフのトレーニング不足など多くの問題が発生しました。

結果として、Cさんの店舗は経営が安定せず、赤字が続き、わずか1年で閉店を余儀なくされました。

ロイヤリティの安さだけでフランチャイズを選ぶリスクを理解することが重要です。

▼シミュレーションミスで失敗した事例

Dさんはフランチャイズビジネスの収支計画を自ら立て、自信満々でスタートしましたが、市場調査や競合分析が不足していたため予測とはかけ離れた現実に直面しました。

近隣の交通量や人口調査シミュレーションは綿密に行なったようですが、実際にどのようにその街が動いているのかを時間をかけて調査出来ていなかったようです。

幸い家賃が安い物件と契約出来たものの、時間帯ごとの通行量やメインターゲットとなる客層の動向調査を欠いたため、開業後の集客が思うようにいかずコストを回収できませんでした。

多少家賃が上がってでも、実際にターゲット層が活発に往来する箇所を選ぶべきでした。

結果として黒字化することが出来ず、フランチャイズを撤退する羽目になりました。

シミュレーションを過信せず、徹底した市場調査と競合分析が重要であることを、Dさんの失敗から学ぶべきです。


 

フランチャイズ開業の注意点

フランチャイズ起業を検討している方にとって、事前に注意すべき点をお伝えします。

契約内容の確認と理解

フランチャイズ契約は、多岐にわたる要素が含まれる非常に重要な書類であり、これを十分に理解せずにサインすることは後々大きなトラブルの原因となる可能性が高いです。

特にロイヤリティの支払い条件や運営支援の範囲など、具体的な契約内容に関しては詳細に確認することが求められます。

また、契約期間や解約条件についても注意を払う必要があります。

疑問がある場合は、専門家に相談することが推奨されます。

事業計画書の作成

フランチャイズ契約では、ロイヤリティや各種フィーの支払いが一般的です。

これらの費用を事業計画書に明確に反映することが重要です。

  • ロイヤリティの割合や支払い方法、頻度を明確に理解
  • 初期投資費用や運転資金を考慮し、収入と支出のバランスを詳細に確認
  • 追加経費としての宣伝広告費や人件費も具体的に見積もる

上記を盛り込み、より現実的で説得力のある計画を立てましょう。

リスクマネジメント

フランチャイズ起業を検討する際、リスクマネジメントは極めて重要です。

提供される独占地域の範囲について確認し、その範囲がどの程度の競争を排除できるかを理解することが求められます。

競争相手の進出を許すと、自分のビジネスに大きな影響を及ぼす可能性が高まります。

先ほど述べた事業計画書の作成を終えたら、次に取り組むべきは事業の健全な運営を保つためのリスク対策です。

例えば、契約内容の見直しや収益予測の再検討などが挙げられます。

これらの対策を怠ると、長期的なビジネスの安定を維持することが困難になるかもしれません。


 

よくある質問

ここからはよくある質問に対する一例をお伝えいたします。

Q:会社員でも加盟出来ますか?

A:可能です。

 

あくまで本業との折り合いをどうつけるか、という点が解決した場合に限ります。

もちろん黙って開業も可能かもしれませんが、隠し通すことはあまりお勧めはいたしません。

税金関係の申し出や届出の際に違和感に気づかれる場合もありますし、そもそも兼業不可だったら大変です。

お勤め先に迷惑をかける可能性がありますので、就業規則の確認はもちろんのこと親しい上司に是非一度相談をしてみて下さい。

 

大筋としては本業を辞めてフランチャイズ開業に絞るのか、または兼業でやっていけるフランチャイズ案件を探すのかが選択肢になってくるかと思われます。

実際に会社員時代に一定の資金を蓄え、夢を叶えたフランチャイズオーナーの事例も多くあります。

一度前向きに調査をしてみるのが良いと思います。

Q:ロイヤリティや加盟金の相場はどれくらいですか?

A:ピンからキリまで、という回答になります。

 

案件によりけりでして、実情として全く統一性はありません。

 

▼加盟金

傾向は少なからずあり、土地から必要な案件は数千万〜億超えもありますし、比較的ライトな店舗や出店系などは100万〜200万で収まる場合もあります。

ただ総じて100万円以上の案件が多く、200〜300万円の元でがあれば選択肢は増えるかな、という印象です。

▼ロイヤリティ

何に対してロイヤリティが掛かるのかも含めて様々です。

売上に対する%、固定での%、業績連動での%などなど・・・

相場は業界ごとである程度存在するかと思いますので、気になる案件の担当者に質問してみると誠実にお答えいただけると思います。

Q:本当に稼ぐことが出来ますか?

A:信念と覚悟さえあれば、十分可能だと思います。

 

オーナーの年収はいくらですか?

という質問はよく耳にしますが、結論こちらもピンキリです。

詳しくは運営企業ごとの説明会で教えていただけると思います。

一つ確実に言えるのは、薄い動機では成功には届かないでしょう、という点です。

・一人社長に憧れていた

・脱サラすることが目的

・(例えば)レストランでの従事経験があるので、それを活かした企業がしたい

・・・etc

 

上記の理由だけでは、開業時点で全て達成してしまうので、いざ!という時に踏ん張りが効かないかもしれません。

いずれも大切なモチベーションであることは間違いありませんが、その先を見据えた行動目標が大切です。

そのビジネスを始めることで何を実現したいか?を持ちましょう。

Q:1人でもやっていけますか?

A:可能です(例外あり)

 

1人オーナーで始められる案件は多くあります。

小規模の飲食店舗やサロン系などによく見受けられます。

最終的に売上拡大や夢の実現には人手は必要でしょうから、最初は1人でも後に人材確保はある想定でシミュレートするとより良い経営が出来そうです。

Q:おすすめの案件はありますか?

A:世の中には魅力的な案件が沢山あります!

 

フランチャイズに加盟される方の多くはWEB上で情報収集を行なっています。

加盟希望の方々が一番時間をかけるのが資料探しと言われています。

資料を入手するために実際にアポを取って店舗スタッフに質問や相談の機会をいただくのはかなりハードルが高く、ここで頓挫してしまうケースも多々あります。

そこでおすすめしたいのがフランチャイズ募集サイトです。

条件にあった多くの案件を楽に調査出来ますし、資料も手に入るので効率が良いです。

また、フランチャイズ以外の代理店商材や業務委託案件なども同時に情報が入手出来るので、あなたの得意分野と一致する新たなビジネスチャンスに出会えるかもしれません。

 

 

 

 

 

Q:他の経営者さんやオーナーさんにノウハウ相談出来る環境はありますか?

A:ある場合もあるようです。

 

加盟本部によっては横の繋がりを非常に大事にされているところも多くあります。

定期的なオフライン研修であったり、連絡相談チャットなどが開放されているケースもあります。


 

まとめ

フランチャイズ起業を検討されている方にとって、初めてのチャレンジで期待感と不安感が入り混じる状態だと思います。

順を追って確認を推し進めていけば、成功の確率は上がりますので、まずは肩肘張らずに一つづつ前に進みましょう!

  • フランチャイズの基本的な仕組みを理解し、全体像を知る
  • 情報集め、無料の説明会参加
  • 自己分析
  • 業種の選定、各種市場調査
  • 契約準備、資金準備

 

フランチャイズは苦労もありますが、結局は自分1人で何かを立ち上げて目標達成することのやりがいは何物にも変え難い喜びです。

当記事が少しでもあなたの起業にお役立ち出来れば幸いです。



 

コラム最新記事一覧

新着案件情報

NEW

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

FC 副業

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

代理店 取次店 副業

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

代理店 業務委託 副業

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

代理店 取次店 副業

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

代理店 副業

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

代理店 取次店 業務委託 副業 その他

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

取次店 業務委託 副業

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

FC 副業