カケハシビジネスコラムBusiness Column

独立/開業情報

便利屋は儲かるのか?必要な資格や開業方法について解説!

便利屋は儲かるのか?必要な資格や開業方法について解説!

便利屋を開業したくなった皆さんが一番気になるのは、「便利屋は本当に儲かるのか?」という疑問ではないでしょうか。

そして、開業方法や必要な資格、始めるに当たって必要となる費用も重要なポイントになります。

この記事では、皆さんの疑問に具体的な答えを提供し、便利屋開業の具体的な方法や、あると便利な資格まで詳細に解説します。事業開始の手引きとして役立てていただければ幸いです。



 

開業方法

開業方法の選択は、便利屋として成功するための重要なステップです。具体的には、個人事業主として開業する方法と、フランチャイズに加盟する方法の二つが主な選択肢となっています。

個人として便利屋を開業するには、初めに事業計画の作成が必要です。その後、必要な設備や材料の調達、広告活動、そして最も重要な顧客獲得といったプロセスを自力で進める必要があります。また、自己のスキルや知識を最大限に活かしビジネスを展開できるのが個人事業主としてのメリットですが、逆にビジネス運営全般の知識とスキルが求められるため、その負担も大きいというデメリットもあります。

一方、フランチャイズに加盟する方法では、既存のビジネスモデルを活用できるため、ビジネス立ち上げや運営が容易なのがメリットです。しかし、運営方法などがフランチャイズ本部に規定されるため、自由度が低くなるというデメリットもあります。

それぞれの方法にはそれぞれのメリットとデメリットが存在します。あなた自身のスキルや経験、資金力を考慮しながら、最適な方法を選択し、便利屋としての新たな一歩を踏み出してください。

個人の場合

便利屋の開業に際して、個人事業主としての手順と必要な費用を解説します。

個人での便利屋開業は個人事業主として自由に運営することが最大の利点です。具体的には、自分でサービス内容、価格、営業時間を決定でき、全ての収入を自分のものにすることが可能です。

しかしながら、開業初期には専門的な知識が求められ、ノウハウがないと集客が難しいというデメリットも存在します。また、全てが自己責任であるため、リスクが大きいです。

便利屋の開業においてはコストが重要な要素です。初期投資はもちろん、運営資金、必要な設備の準備、資格取得費用など、さまざまな経費がかかることを事前に理解することが大切と言えるでしょう。

これらを考慮しながらビジネスプランを作成すれば、自分だけの便利屋事業を開業する道筋が見えてくるでしょう。

フランチャイズの場合

次に便利屋業界でよく選ばれるフランチャイズの加盟という選択肢について見ていきましょう。

フランチャイズの大きなメリットとしては、業界のトレンドやノウハウを得られること、必要なマーケティング支援を受けられること、既存のブランド力を利用できることがあります。これらは、一人で全てを手がけるのは困難と考えている方々にとって、大きな助けとなるでしょう。

しかし、フランチャイズ加盟にはデメリットもあります。例えば、加盟金やロイヤリティなどの初期費用や運営コストが必要です。また、フランチャイズのシステムに従う必要があるため、ビジネスを自由に展開することは制約されます。

それでも、新しいことを探求する余地が少ないという特徴から、開業までの準備期間の短縮や運営の安定性、リスクの低減など、開業に必要な費用や安定した経営を求める観点から見ると、フランチャイズは有力な選択肢と言えます。

 

 


 

 

必要な資格やスキル

便利屋の開業を考えている方は、開業する前に必要な資格と資金について知っておくことが必要となります。

便利屋は、様々な職務をこなす能力が求められます。中には、特定の資格が必要となる仕事も来るかもしれません。そのため、ここからは便利屋の業務を円滑に行うための主要な資格について具体的に見ていきます。また、開業の際に必要な資金についても詳しく解説します。

あなたが思い立った今がチャンス。必要な資格と資金をしっかりと確保し、新たな一歩を踏み出しましょう。

古物商許可

便利屋の仕事は多種多様で、中にはお客様から不要になった品物を受け取るケースもあります。このような仕事を実施する際、非常に重要なのが「古物商許可」の取得です。

古物商許可は公安委員会から申請することができ、お客様から不要になった品物を適切に処理するための資格です。これにより、盗難品や詐欺を防止し、公平な取引を確保できます。

反社会的勢力との接触を防止し、社会的な信頼と秩序を保持するために重要な制度であり、開業する前には必ず申請するべき資格です。手続きには時間と費用がかかりますが、その価値は十分にあると考えられます。

古物商許可申請の流れは具体的に以下となります。

1.条件の確認

2.個人・法人区分を決める

3.取り扱う品目を決める

4.警察署(生活安全課 防犯係)への事前相談

*自身の居住地を管轄する警察署ではなく、実際に古物商を行う営業所を管轄している警察署へ提出が必要

5.必要な書類を集める

6.申請書の作成

7.書類提出と手数料納付→手数料は19,000円の現金で納付

8.審査

以上の流れで申請を進めると良いでしょう。ただし、申請には申請日翌日から起算し、土日祝日・年末年始を除くため、2か月以上かかる可能性もあります。

便利屋を開業しようと考えている方は、適切な手続きを経て信頼性を確立し、事業を行うことが必要です。特に骨董品などの古いものを取り扱いたい場合は古物商許可の申請を迷わず行い、明確なビジネスフィールドで安定した業務を進めていきましょう。

一般廃棄物収集運搬業

便利屋は提供するサービスによって特定の利益を得られる可能性もあります。その方法の一つとして、一般家庭のごみ収集運搬業があります。ここでは、そのための具体的な指針を提供したいと思います。

一般廃棄物収集運搬業の許可が必要なことを知っている方は意外と珍しいです。この許可は市町村から取得し、有料でごみの収集・運搬を行うための資格となります。その許可を受けることによって、業者は適切な監督を受け、顧客に信頼と安心感を提供できます。

具体的に一般廃棄物収集運搬業申請に必要なものは以下となります。

●個人の場合●法人の場合
許可申請証役員名簿
事業計画書定款、履歴事項全部証明書
事業所、事業に使う施設などの図面、説明書類など過去の年度の貸借対照表、損益計算書
車両の写真、車検証、使用権限証明書 
• 一般廃棄物の処理を的確に行うための知識・技術的能力の証明書 
(講習会を受けて取得する必要がある) 
誓約書(10個ある欠格要件のうち、1〜7に該当しないと誓約する書類) 
住民票 
納税証明書 

許可を申請する先は、市町村の環境局などの担当窓口です。申請手数料は「1万円(車両検査手数料含む)前後」となっています。

ただし、状況によって申請手数料が変更となる場合もあるため、申請の際には最新の情報を調べてから行うことを推奨します。

産業廃棄物収集運搬業者

便利屋業はさまざまなサービスを提供しますが、そこには建築廃材などの産業廃棄物の取扱いが含まれる可能性があります。その場合、一般廃棄物収集運搬業の許可だけでは取り扱えません。

産業廃棄物収集運搬業として都道府県の許可を得る必要があります。

この許可は産業廃棄物の適切な処理、そして環境保全への配慮のために必要です。これにより、便利屋としての信頼性を確立し、環境に対する責任を全うする企業として評価されます。

ここからは産業廃棄物収集運搬業許可申請の流れについて見ていきましょう。

講習会の受講

申請に際しては、公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)が実施する「産業廃棄物又は特別産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」を修了している必要があります。

申請書類の作成、添付書類の準備

各都道府県庁の窓口やホームページから入手した申請書類に必要事項を記載し、申請書類を作成します。

申請にあたり、以下のような確認書類も必要になります。

●個人の場合●法人の場合
事業主の住民票定款の写し
事務所の案内図履歴事項全部証明書
事業主の登記事項証明書役員全員及び5%以上出資している株主の住民票
講習会修了証の原本事務所の案内図
直近3年間の所得税の確定申告書の写し(青色申告・白色申告共通)登記事項証明書
直近3年間の貸借対照表・損益計算書(青色申告の場合)講習会修了証の原本
直近3年間の収支内訳書(白色申告の場合)自動車検査証の写し
金融機関発行の残高証明書(原本)(白色申告の場合)直近3年間の貸借対照表、損益計算書
市町村発行の固定資産税評価額等証明書(原本)(白色申告の場合)直近3年間の法人税の納税証明書 (その1)
直近3年間の所得税の納税証明書(その1)(その1の税額証明) 

申請先は都道府県知事となりますが、申請日時の予約が必要となります。申請日が1〜2ヶ月先になることもあるので、余裕をもって予約するといいでしょう。

 

申請手数料の納付

新規に産業廃棄物収集運搬業許可を申請する際にかかる手数料は、申請場所にかかわらず全国一律81,000円です。産業廃棄物を収集する都道府県と運搬先の都道府県が異なる場合は、それぞれの都道府県に申請と申請手数料が必要なので注意してください。

この許可取得は開業費用の一部と考えられますが、高品質なサービスを提供し続けるためには必要な投資となります。より便利屋として本格的に活躍したい場合はここで挙げた許可や視覚を取得し、より便利屋としての活動の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

電気工事士(第一種、第二種)

便利屋を設立しようと考えている方、特に電気工事を業務として考えている方は、開業の準備として電気工事士の資格取得(第一種または第二種)も重要なステップになります。

この資格は電気工事を適切かつ安全に行うための根拠となる知識を証明するものです。電気工事は専門的技術が必要なため、資格がないと業務を行うリスクが高く、消費者からの信頼を得るためにも資格が必要不可欠です。さらに、この資格を持つことで競合他社と差別化することも可能です。

ここからは電気工事士の視覚の中でも、第一種と第二種の違いについて説明します。

 

工事できる範囲の違い

第二種電気工事士は一般住宅や小規模な店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。

第一種電気工事士は第二種電気工事士が行える範囲に加えて、最大電力500キロワット未満のビルや工場、大規模な店舗などの工事に従事できます。

つまり、第一種と第二種では取り扱える現場に違いがあるということです。

免状取得条件・講習受講義務の違い

第二種電気工事士は第二種電気工事士試験(筆記・技能)に合格すれば、都道府県知事に申請することで誰でもいつでも免状を取得することができ、すぐに実務に入ることができます。

ただし、第一種電気工事士の免状申請には第一種電気工事士試験(筆記・技能)の合格に加えて3年以上の実務経験が必要となります。さらに、5年に一度定期講習を受講する法令上の義務があり、これを怠ると免状を返納しなければなりません。

そのため、必要な費用や手続きについては情報を集めて計画的に進めましょう。

運転免許(中型以上)について

便利屋として効率的なサービスを提供するには、適切な資格が必要です。特に、大型荷物の運搬や、複数業務を一度にこなす棚卸し作業には、大型車両を使用します。そのため、中型以上の運転免許は必須条件です。

運転免許は、運転技術だけでなく、荷物の積載方法など一連の輸送作業も習得できます。お客様の荷物を確実かつ安全に目的地まで運搬するには、これらの専門知識と技術が不可欠です。

こうした資格取得は便利屋開業の一環として考えておくのが良いでしょう。なぜなら、それが信頼性の向上に大いに寄与するからです。運転免許を持つことは、便利屋としての専門性と安全性を保証します。これによりお客様からの信頼を得られ、安定した営業展開が可能となるのです。

こちらを運転免許の取得の際に参考にし、便利屋開業時に必要になるものを取得することを推奨いたします。

 車両総重量最大積載量乗車定員受験資格
大型自動車免許11トン以上6.5トン以上30人以上21歳以上・普通免許等保有3年以上
中型自動車免許11トン未満6.5トン未満11人以上29人以下20歳以上・普通免許等保有2年以上
準中型自動車免許7.5トン未満4.5トン未満10人以下18歳以上
普通自動車免許3.5トン未満2トン未満10人以下18歳以上



 

まずは事業計画を!

便利屋を開業することを考えている皆さん、その夢を実現させるための第一歩はしっかりとした事業計画を作ることにあります。

その事業計画には、どのようなサービスを提供し、どのように利益を得るのかを詳しく書くなど、開業の大方針や具体的な計画が分かる重要な文章になります。開業するには特定の資格が必要な場合もあるので注意が必要です。

そして、開業資金についても計画を立てることで、順調に開業することができます。特に高齢者からの需要が期待できる便利屋事業においては、必要な資格や手順、開業資金などをきちんと把握し計画を立てることが大切です。そのように計画を立てることで、あなたの夢は確実に実現に近づくでしょう。



 

実際の開業に必要な費用は?

便利屋を開業する方法を探している方々にとって、把握すべきポイントは開業に必要な費用です。この理由は、費用が新規事業の計画を立てるうえでの基盤となるからです。それゆえに、開業に必要な費用を視覚的に理解できるよう、必要なコストを各項目ごとに具体的に分解してみましょう。これにより、費用の見積もりがしやすくなり、また開業への一歩を踏み出しやすくなることとなるでしょう。

ただし、便利屋は非常に幅広い業務に対応するため、具体的に必要な費用を提示することはできません。まずは自分自身がどのような業務を行いたいのかを考え、それに必要な許可や資格を調べ、その上で必要を計算するようにしてみてください。

そうすることでより具体的な費用が見えてきます。



 

開業したら宣伝しよう!

便利屋を開業することを決めたあなたに、次に重要なステップを紹介します。それはあなたの便利屋の存在を広く、効果的に伝えるための戦略です。あなたのサービスが高評価を得て、頼りにされることで、繁盛する便利屋になることができます。

開業直後はまだ知名度が低く、お客様が見つからないこともあるでしょう。しかし、工夫次第でその状況を改善できます。具体的には、地元の新聞や広報誌への広告掲載、無料相談会の開催、SNSでの情報発信、チラシ配布、地元のイベントへの参加などがあります。これらの活動をこつこつと続けることで、名前とサービス内容が広まり、次々と信頼を得られます。

重要なことは、サービスの質を常に高め続けることです。良いカスタマーサービス、迅速な対応、公正な価格設定を心掛けながら利益も追求しましょう。これがあれば、口コミからも新規のお客様が増えてくるでしょう。

意欲的な未来の便利屋業界の皆さん、情報を積極的に吸収し、工夫を尽くして開業と宣伝活動に取り組んでみてください。あなたのサービスが認知され、信頼される日は近いです。

ホームページを作成

ホームページ作成は、便利屋開業の最初のステップであり、アイデンティティの象徴となります。現代社会はインターネットの浸透度が高まり、便利屋業者を探すユーザーの数も増加しています。自社の存在をそれらのユーザーに認知してもらい、信頼を得るためにホームページは必要不可欠です。

特にホームページ作成に際しては、自社のサービス内容、料金、連絡先等を明記することが重要です。これにより顧客は自社のサービス内容を理解しやすくなり、質問や相談をすぐに行えます。結果的に、提供するサービスを素早く提供でき、顧客の不安を取り除くことが可能です。

加えて、ホームページを通じて自社の生活圏内の便利屋の需要を把握することも可能です。地域関係者やニーズの把握に役立ち、ビジネスを成長させる一助となります。従って、ホームページの作成は、便利屋という個人事業主にとって大切な一歩となります。

SNS活用

便利屋を成功させるためには、SNSの活用が不可欠です。SNSはホームページと同様に情報発信ツールとして活用できますが、その特長は何と言っても手軽さです。登録から操作まで、誰でも簡単に始めることができ、忙しい開業準備の中でも素早く更新できます。

また、SNSは地元への浸透力があり、地域の方々との強い絆を形成する手段としても有効です。便利屋としての日々の出来事や、実際に提供したサービスの様子を定期的に投稿することで、読者は便利屋への親近感を持つことができます。この親近感は便利屋の信頼性を高め、開業当初からの集客につながると言えます。

そのため、ぜひSNSを活用して地域に根ざした便利屋を目指しましょう。一歩一歩、地域の皆さんと信頼関係を築き、便利屋として地域貢献に努めることで、最終的に開業成功に近づくはずです。

周辺エリアへのチラシ配布

開業に際し、チラシ配布という宣伝手法を考慮することをおすすめします。これは特に地域に密着したビジネスでは重要な手法で、インターネットをあまり活用しない人々に対して直接的に自社の存在を認知してもらうことができます。

チラシの内容には、業務内容、料金、連絡先といった基本情報の他に、顔写真やスタッフの紹介、過去の実績等を掲載し、身近で信頼できる便利屋として地元での信頼を築くような情報が必要です。

開業コストにこのチラシの印刷・配布費用を含めることで、確実に新規顧客の獲得や新たな風を便利屋業界に吹き込むことが可能になります。投資対効果を考慮し、計画的に開業費用を使っていくことを推奨いたします。



 

開業に必要な届出とは

便利屋を開業するには、法律上の手続きを正しく進めることが必要です。特に、「開業届」の申請は重要なステップとなります。便利屋として開業するためには、この開業届を提出しなければなりません。個人事業主として便利屋を開業することは、この開業届の手続きから始まります。

開業届の詳細な手続きや必要な書類の入手方法について深く理解し、スムーズに事業を始める準備をしましょう。手続きを適切に行うことで、自分の事業を法律を遵守して運営し、信頼性を高めて仕事の幅を広げることができます。

届出書類の入手先は?

便利屋に興味を持っている方が開業に向けて最初に必要となるもう一つの手続き、それが「必要な届出書類」の入手です。この取得方法について説明します。

開業に要する届出書類は、主に各自治体が提供しているものです。近隣の商工会議所や労働局の窓口に行ってみてください。そこでは専門のスタッフが「必要な書類」の一覧とその取得方法を丁寧に教えてくれます。

しかし、中には「日頃忙しくて窓口に行く時間がない」と悩んでいる方もいるでしょう。そんな時は自治体の公式ウェブサイトを利用すると便利です。複雑になりがちな制度やルールの行政手続きも、インターネットで検索すればすぐに理解できます。また、ウェブサイトからは各種書類のダウンロードもできるのが一般的です。

便利屋として活動するには、まず必要な手続きが必須です。必要な届出書類とその取得方法をしっかりと理解し、開業に向けて動き出しましょう。



 

まとめ

この記事では便利屋の開業を考えている方へ、必要な資格や開業の手続き、開業に必要な費用など、詳細な情報を提供しました。

便利屋は様々なニーズに対応する職業であり、高齢者からの支持も高いです。特に日常の困りごとを解決するサービスが求められています。そのため、開業前にしっかりとした知識と準備が必要です。

これらを身につけることで、ビジネスをスムーズに展開できます。まずは開業届や必要な書類を集め、対応したい業務に応じて許可と資格を取得しましょう。その後、地元に必要とされる便利屋となれば、より活躍の幅も広がるはずです。

 

 

 

 

 

コラム最新記事一覧

新着案件情報

NEW

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

FC 副業

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

代理店 取次店 副業

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

代理店 業務委託 副業

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

代理店 取次店 副業

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

代理店 副業

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

代理店 取次店 業務委託 副業 その他

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

取次店 業務委託 副業

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

FC 副業