カケハシビジネスコラムBusiness Column

独立/開業情報

24時間フィットネスジムの開業方法!FC参入の費用や選び方のポイント解説!

フィットネス業界が成長しており、24時間営業のジムは今やトレンドです。

この市場に参入を考えている起業家や投資家にとって、開業までの流れや費用、成功のためのポイントを理解することは重要です。ここでは、ジムオーナーとなる過程を説明し、事業を成功へ導くための情報を提供します。

 

 

フィットネスジム経営に関する基礎知識

フィットネスジムの経営は、現代人の健康志向と忙しい生活に合った事業です。24時間営業するフィットネスジムの開業は、顧客の利便性を高め、市場での差別化を図る絶好の機会となります。特にフランチャイズシステムを利用することで、ブランドイメージや運営ノウハウを共有し、成功への足がかりを得やすくなります。

ここではそんなフィットネスジム経営に関する基礎知識について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ジムオーナーになる方法とは

ジムオーナーとして成功するには、フィットネス業界の知見と経験が必要です。これまでフィットネストレーナーとして実務を積んだ方や業界のビジネスモデルを学んだ方は、その経験を活かしジム経営に役立てることができるでしょう。

一方、フランチャイズ方式で開業する場合は定められた契約条件や運営基準を守りつつ、フランチャイザーの公認を得ることが求められます。

また、有効な立地選びや市場調査はジム運営の基本となります。設立予定地の特性を分析し、ターゲット客層にアクセスしやすい場所を選ぶことが成功の鍵です。その他、開業時には諸費用を把握し、資金計画を綿密に立てることも重要です。施設の設営や機器の購入といった初期投資、運営資金の確保など財務面での準備をしっかり行うことで、安定したジム経営が目指せます。

開業資金や初期費用について

ジムを開業するには「開業資金」が重要なポイントです。フィットネスジム開業の具体的な費用感を把握するためには、いくつかの要因を考慮する必要があります。

たとえば、ジムのサイズや立地選定、そしてフランチャイズの利用の有無が、開業資金に大きく影響するでしょう。小規模なパーソナルトレーニングジムから大型複合施設まで、規模によって数千万円から数億円の範囲で開業資金が変動する点にも注意が必要です。

開業初期の主な費用項目としては、フランチャイズの加盟金や保証金、内装工事費があります。24時間営業を目指す場合は、セキュリティシステムなどの初期投資も必要です。他にもジムを24時間運営するためのコストを考えることが重要となるでしょう。

また、運転資金として人件費や光熱費、宣伝広告費を計画的に見積もることも欠かせません。さらには設備投資費として最新のトレーニング機器、ロッカー、シャワールームなどの購入費も不可欠。これらの投資がジムの差別化と顧客満足度の向上につながるため、高額の設備投資も必要と覚えておかなければいけません。

ジムの料金設定:一般的な費用は?

ジム料金設定は事業の成否を左右する核となる要素です。

フィットネス業界へ新規参入を検討する起業家や投資家にとって、顧客の利用料金を把握することは計画段階で非常に重要となります。

通常、24時間利用可能なジムの月会費は7,000円から10,000円程度が相場ですが、地域差や提供するサービスの質、ジムのブランド価値によって変わることがあります。特に都市部では高い地価を反映して郊外に比べ価格が高くなる傾向が顕著です。

24時間ジムの開業方法、フランチャイズ参入の費用や選び方のポイントを解説します。

さらに、入会金や事務手数料などの初期費用、パーソナルトレーニングやスペシャルクラスへの参加費も考慮が必要です。

まずは他社の価格戦略を徹底調査し、自社のジムの魅力を生かしつつ適切な価格帯を設定することが重要です。価格が高すぎれば顧客は離れて行ってしまい、逆に低すぎれば収益を圧迫しビジネスの持続が難しくなります。

従って、市場調査と戦略的な価格設定が成功の鍵となるでしょう。

ジム開業時にはこれらの点を考慮し、将来の収益見込みや費用対効果を考えバランスの良い料金設定を行うことが望まれます。優れたビジネスプランと組み合わせればフィットネス業界での成功がより確かなものになるでしょう。

 

 

 

 

ジム経営は儲かる?

健康ブームと市場の拡大に伴い、起業家や投資家が新たな収入源としてジム経営に注目していますが、その利益性は実際はどうなのでしょうか。ここではジムビジネスの収益構造、継続的な収入を確保するポイント、そしてジム経営の費用対効果について詳しく見ていきます。

一般的なジム経営の収入

ジム開業時の収入源は会員制を基本とする月額料金や付加サービスの提供によって構築されます。特に会員制ジムでは、毎月の安定収入となる月会費が経営の基盤です。

成功しているジムの場合、会員からの月額料金だけでなく、パーソナルトレーニングの専門指導料金やレンタルロッカー使用料、トレーニンググッズの販売、フィットネスクラスの受講料など様々なサービスから収入を得ています。

また、健康意識の高まりを背景にプロテインバーやサプリメントなどの健康食品・補助食品の売り上げも重要な収入源です。こうした商品の販売を通じて、ジムは会員に追加価値を提供し、収入の多様化と増加を図ることが可能です。

それぞれのサービスや商品販売を効果的に組み合わせることで、一部のジムは月間数百万円から数千万円の売上を達成しています。しかし、これを実現するためには常に高い集客力を維持し、競合との差別化に工夫を凝らすことが求められます。

ジム経営での失敗を避けるためには、一過性のトレンドに飛びつくのではなく、継続的な会員維持のための戦略的施策を行うことが重要です。顧客が求める高品質なサービスを提供し続けることで、長期にわたる安定した収入を確保できます。

ランニングコストはどれくらい必要?

ジムビジネスでは、ランニングコストの厳密な管理が成功を収めるために不可欠です。たとえば、地域差や規模、提供する設備の種類によって費用が大きく変動することがあります。

具体的なランニングコストには、毎月の家賃、水道光熱費、スタッフの人件費、フィットネス機器のメンテナンス費用が考えられるでしょう。

ジムを開業する際には、最新のトレーニング機器の購入や内装工事に大きな初期投資が必要ですが、これらは一度きりの出費でなく、継続的な機器の更新や施設のメンテナンスもランニングコストとして計上されます。さらに、顧客を獲得し維持するためには、マーケティング費用も重要な経営支出です。ウェブ広告、SNS運用、地域密着型のプロモーションなど効果的なマーケティング戦略は収益に大きく影響するため、市場調査と分析に基づく戦略的な投資が求められます。

フィットネス業界への参入を検討している起業家や投資家は、これらのランニングコストを事前にしっかり見積もり、収入とのバランスを考慮した持続可能なビジネスプランを策定することが必要です。

 

 

ジムフランチャイズの種類を知ろう!

ジムを24時間開業するためには、具体的な手順を踏むことが必要であり、経営ノウハウを身につけることも成功への鍵です。しかし、どのような種類のフィットネスジムを始めるかによっても変わってきます。まずは、ジムの種類を把握し、適切なビジネスモデルを構築しましょう。

24時間営業のジム

現代社会では夜昼関係なく活動する人が多いため、24時間営業のジムフランチャイズが特に人気を集めています。

ビジネスパーソンや夜間活動者が少なくない現代において、彼らのライフスタイルに合わせた柔軟な運動時間を提供する24時間ジムは顧客の希望するニーズを満たす革新的なビジネスモデルです。

これらのジムは専用のセキュリティシステムを利用しており、スタッフが不在の時間でも会員を安心して受け入れられます。非常勤スタッフを減らすことで運営コストを削減するのがこのビジネスの特徴です。また、会員がいつでも快適にトレーニングできるように、高品質で耐久性のあるフィットネス機器を備えています。

フィットネス業界への参入を考えている起業家や投資家にとって、24時間営業のジムは魅力的な投資対象と言えるでしょう。

サーキットジム

現代社会は忙しさが増しており、多くの人が時間の制約の中で健康管理を求めています。そこで注目されているのがサーキットジムという新しいフィットネス形態です。

このトレーニング方法は全身運動を限られた時間内で行い、多忙な生活でも健康維持が実現できることから注目を集めています。

サーキットジムは、複数の専用マシンを効率的に配置し、それぞれのマシンで決められた時間トレーニングを行うシステムです。各マシンが全身の異なる筋肉に作用し、一巡することでバランスよくボディワークを行えます。この流れは時間の節約だけでなく、エクササイズの質を高め、トレーニング効果を最大化するのにも役立つでしょう。

特に都市部での展開が見込まれるサーキットジムは、土地や賃料が高騰する中心地でも比較的少ないスペースで導入できます。これによりフィットネス業界への参入障壁を下げることが可能です。限られた面積でも顧客一人一人に高い満足度を提供できるので、経営効率の良い運営が実現できるでしょう。

開業を検討する際は、最新のトレーニング用マシンの選定や、適したトレーナーの配置、顧客のニーズに沿ったプログラム設計が重要です。サーキットジム開業に関する手続きや費用の概算、長期の経営ノウハウについても詳しいアドバイザーの存在が必要となります。

仕事と健康のバランスを重視する現代人のニーズに応えるサーキットジムは、フィットネス業界への新たな突破口として期待されています。貴重な時間を効率的に使いたい顧客に応えるため、ぜひサーキットジムを運営してみてはいかがでしょうか。

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングジムは、顧客一人ひとりに合わせたサービスを提供し、各自の健康や身体的目標の達成をサポートするジムです。

パーソナルトレーニングジム開業にはトレーナーの質が大きな差別化要因となります。専門知識と指導スキルが高いトレーナーを雇うことが顧客満足度を高める鍵となるでしょう。特にフランチャイズと提携する際には、充実したトレーナー教育プログラムの有無を確認しましょう。

さらに、スムーズな経営と運営効率の向上には、洗練されたマネジメントシステムの導入が必要です。顧客管理、会員課金システム、トレーニングプログラムの管理を含むビジネス全般でフランチャイズが提供するシステムが役立ちます。

これらの側面に注意してフランチャイズを選び、一人ひとりの顧客に合わせた質の高いトレーニングを提供すれば、ジム開業は成功するでしょう。

総合フィットネスジム

総合フィットネスジムとは、トレーニング機器だけでなくグループエクササイズクラス、スパ、サウナなどのリラクゼーション施設を含む豊富なサービスを提供し、顧客のヘルスとウェルネスの両方を支援する施設です。

多様なニーズに応えられるため、幅広い層から支持を得やすく、顧客基盤の拡大と収益の多角化が期待できます。

しかし、これらのサービスを提供するには、高品質なトレーニング機器への初期投資や、スタッフ研修、施設メンテナンスへの運営コストが必要です。成功するためにはこれらのコストを踏まえた効率的で効果的な運営戦略を立てることが不可欠となります。

総合フィットネスジムを成功させるには、顧客に魅力的なサービスを提供する一方で、ビジネスとしての持続可能性を保つバランスも必要です。具体的には、多様なプログラムの提供、定期的な市場調査、サービスの更新が必要となります。加えて、運営コストの削減や予算管理も必要となるでしょう。

 

 

ジムフランチャイズのメリット

フィットネス市場への参入を考えるとき、ジムフランチャイズシステムを利用することは、起業家や投資家にとって成功への鍵です。このシステムを導入することで、確かな経営ノウハウを得られ、高いブランド価値のもとで利益を最大化できます。

ここでは、そんなジムフランチャイズのメリットについて解説します。

業界未経験でもチャレンジ可能

ジム開業時、業界未経験者でも成功に導く支援を得ることは重要です。ジムのフランチャイズビジネスはその大きな利点を有し、未経験者でも確かなサポートを受けながら事業を行えます。

フランチャイズ本部が提供する詳細な研修プログラムと実践的な運営マニュアルにより、経営の基本から応用まで学べます。これは短期コースを受講し経営者に必要な知識を素早く身につけられるものです。

さらに、フランチャイズでは開業前の準備から実際の店舗運営まで幅広いサポート体制があり、業界に精通していない人でもビジネスを安心してスタートできます。開業初期のリスクを最小限に抑え、市場分析や顧客獲得戦略など、ジム運営に関する情報を得ることも可能です。

フィットネス業界への参入を目指す起業家や投資家にはこれ以上心強い味方はいません。

ジムを運営する夢を実現するためには適切な研修と支援が必須です。業界未経験でも挑戦できるジム開業を検討しているのなら、フランチャイズはビジネスプランを実現し競争の激しいフィットネス業界で先んじるための確実なステップとなるでしょう。

本部のブランドを利用出来る

フィットネス業界で開業を目指す起業家や投資家にとって、信頼できるブランドを利用することは、市場での立ち位置を迅速に確立する一助となります。フランチャイズの活用は、自身のブランドを開発する際の膨大な時間と労力を省き、短期間で信頼と認知度を築けるのが大きな利点です。

確立されたロゴや商標を使用し、実証済みのサービス品質を提供することで、新たな顧客の注目を集め、リピーターを確保するプロセスが容易になります。フランチャイズとしてのブランド力は、マーケティングコストの削減に大いに寄与し、企業価値や競争力の向上にも繋がります。さらに、既存のビジネスモデルの活用は、新規事業が成功の道を歩むための大きな助けにもなるでしょう。

フィットネス業界で開業する際にフランチャイズシステムを導入することは、迅速な市場参入と安定した経営基盤の構築に不可欠な戦略です。

高い収益性

24時間営業のフィットネスジムの開業は、現代の忙しいライフスタイルに適したビジネスモデルです。一日中営業し利用者の利便性を高めることで、終日収入を得る体制を整えることができます。

フィットネス業界でフランチャイズシステムを利用する場合、充実した経営指導が強みです。本部が業界のトレンドや最新情報に基づいて効率的な経営計画をサポートし、月額会員料金の設定、優秀なトレーナーの確保、効果的なマーケティング戦略など、収入の最大化に直結する要素を強化できます。

また、フランチャイズでは広告プロモーションや特別イベントを通じて集客力を持続します。これらのプロモーションやイベントは季節やトレンドに合わせて計画的に行われるため、新規顧客の獲得とリピート率の向上にも有効です。さらに、フランチャイズなら既存のフィットネス器具や備品を仕入れ、コスト削減のメリットを享受しつつ、高い利益率を実現し安定した経済基盤を形成することもできます。

 

 

ジムフランチャイズのデメリット

フィットネス業界で成功を目指す起業家や投資家にとって、ジムフランチャイズへの投資は魅力的です。しかし、参入する際には本部へのロイヤリティや加盟金の支払い、集客の苦労などデメリットについても知っておくことが必要となります。

ここでは、そんなジムフランチャイズのデメリットについて解説します。

本部へのロイヤリティや加盟金の存在

ジムをフランチャイズ形式で開業する場合、ロイヤリティと加盟金の支払いが発生します。このロイヤリティや加盟金の支払いは、予算が限られた方にとっては大きな負担となるはずです。

ただし、ロイヤリティや加盟金の支払いは余計な出費に見えるかもしれませんが、決してデメリットばかりではありません。

ロイヤリティの支払いを通じて本部からの継続的なサポートを受けられます。経営戦略の策定やマーケティングプランの提供、トレーナー教育プログラムといった幅広い経営支援が可能です。経営の経験が少なくても、的確なサポートにより成功に向けた強力なバックアップが得られるのは魅力と言えるでしょう。

加盟金についてはフランチャイズ契約時の入会金に相当します。この加盟金も投資の一部であり、市場での信頼と実績のあるブランド名の使用権を得られると考えればデメリットばかりではありません。実際に初期段階で顧客の信頼を構築し、起業成功に大きく進むことができるはずです。

ロイヤリティと加盟金は単なる費用ではなく、将来のリターンを生み出す投資と見るべきです。これらを踏まえて本部と協力関係を築けば、経営リスクを抑え、安定した収益が見込めるフランチャイズビジネスモデルを構築できます。

継続的な集客の苦労

ジムを開設した際、新規顧客を確保し、既存顧客を維持するためのリテンション戦略には苦労が伴います。これらを独力で達成することは、膨大な時間と努力が必要で、多額のマーケティング費用もかかるでしょう。

ジムを開業するなら、これらの課題を乗り越える必要があります。ただし、フランチャイズであればある程度のデメリットは回避できるはずです。

実際にジムフランチャイズの大きなメリットには、本部からの集客支援があります。これはフランチャイズ本部が築いたブランド力や確立したマーケティング戦略を活用し、効率的に顧客を獲得できることを意味します。独立したジムよりも強力なブランドの影響力を活用できるため、集客活動が楽です。

さらに、フランチャイズ本部が企画する全国規模のプロモーションやキャンペーンに参加することで、地域コミュニティ内での認知度を高めやすくなります。これらの活動により、新規の顧客が自然に店舗に流れ込むルートを確保可能です。長期的に見てもフランチャイズサポートがあれば集客の苦労が減り、ビジネスが安定しやすくなる可能性があるでしょう。

 

ジムのフランチャイズ開業の流れ

ここでは、フィットネス業界で成功を目指す起業家や投資家に向けて、ジムのフランチャイズ開業のステップを説明し、事業成功のための情報を提供します。

開業に必要な資格や免許などの準備

フィットネス業界でジムを開業するには、法的に資格や免許が必須ではありませんが、顧客の信頼を得て競合と差をつけるためには、パーソナルトレーナーの資格取得や栄養指導の専門知識が必要です。

パーソナルトレーナー資格は、安全で効果的なトレーニング指導を保証する重要な証明となります。資格を持つことで、高い専門性と信頼性を顧客にアピールできるだけでなく、正しい栄養指導の知識はトータルでの健康改善をサポートするためにも必須です。

フランチャイズで開業する場合、フランチャイズ本部が独自の資格を要求することもあります。フランチャイズ開業を検討する方は、契約内容を事前に確認し、必要な資格や準備を早期に整えることが成功への近道です。

そのため、ジム開業を目指す方は、パーソナルトレーナーや栄養指導者の資格取得を始め、開業に向けた準備を進め、業界への強い一歩を踏み出しましょう。

運転資金の準備

フィットネス業界への新規参入で成功するためには、運転資金の適切な準備が重要です。店舗が軌道に乗るまでの期間で、必要な資金を事前に理解し、しっかりとした資金計画を立てることで安定した経営基盤を築けます。

具体的な運転資金としては、フランチャイズ加盟時の初期投資、最新のトレーニング機器や施設設備のコスト、専門知識を持つインストラクターやスタッフの人件費、プライムロケーションの店舗の賃貸料などが含まれます。これらの経費は事業計画の基盤で、オーナーは慎重に見積もることが重要です。

資金計画の策定時には、市場動向や競合分析などの外部環境を考慮します。予期せぬ出費に対応できるよう、余裕のある計画を用意しましょう。また、適切な資金調達戦略の構築には銀行ローン、投資家からの資金、政府の補助金など、さまざまな選択肢を検討し、専門家のアドバイスも参考にするのがおすすめです。

スタッフの採用や教育

ジム開業に際して、スタッフの採用と教育はサービスの質を決める重要な要素です。信頼できるスタッフチームを形成することは、トレーニングの質を高め、顧客満足度を向上させるために欠かせません。

まず、信頼できるスタッフの確保に向けて、採用時の選考基準をきちんと設定しましょう。フィットネス業界での経験だけでなく、人柄やコミュニケーション能力、そして何よりお客様へのサービス精神を重視した採用を心がけてください。

同時に、採用したスタッフの知識や技術をさらに深める教育プログラムも重要です。フランチャイズ本部が提供する研修を活用し、全スタッフが共通のサービス基準を理解し実行できるようにしましょう。専門的な知識を持つスタッフの育成は競合との差別化にもつながります。

ジム経営に失敗しないためのポイント

ジム経営では市場調査の徹底が成功の鍵です。開業に際し、ターゲット顧客層を特定し、彼らのニーズと嗜好を理解することが重要です。これらの情報に基づき、競合と差別化したサービスやプログラムを開発できます。これにより顧客が興味を引かれ、ジム利用のきっかけとなります。

ジムの継続的な成長には、顧客満足度を常に保つことが必要不可欠です。これは瞬間的な満足ではなく、長期的な信頼関係の構築も意味します。良質なサービスを提供し、顧客とのコミュニケーションを大切にすることでリピーターを増やし、新規顧客獲得の基盤を築きましょう。

 

 

まとめ

今回は、ジム開業に成功するための事業計画の立案から施設設計、運営管理に至るポイントを解説しました。正確な情報収集と戦略的なアプローチを用いれば、フィットネス業界での開業は難しくありません。

フィットネス業界での開業の可能性を探っている皆さんにとって、成功の鍵となるのは十分な準備と正しい知識の習得です。市場は拡大していてチャンスがあるのも事実ですが、失敗を避けるための適切なフランチャイズの選定が必要となります。まずは資金調達、市場分析、運営戦略の立案など、ジム経営を成功させるためのステップを確認しましょう。

健康意識の高まりでフィットネス市場の需要は日々拡大しており、新規参入者にもチャンスがあります。しかし、成功確率を高めるには、緻密なビジネスプランとリスク管理が必要です。資金計画から、市場特性を考慮したターゲティング、差別化できるサービスの提供まで、開業に向けた準備が重要となるでしょう。

 

 

 

 

 

コラム最新記事一覧

新着案件情報

NEW

【東証プライム上場企業】0円開業/未経験/副業でエネルギーアドバイザー

LP&都市ガス、電気等の削減提案

【東証プライム上場企業】0円開業/未経験/副業でエネルギーアドバイザー

LP&都市ガス、電気等の削減提案

【東証プライム上場企業】0円開業/未経験/副業でエネルギーアドバイザー

LP&都市ガス、電気等の削減提案

代理店 業務委託 副業
NEW

業界最安値!1万円de採用「yagioffer」の販売パートナー募集!

ヤギオファー

業界最安値!1万円de採用「yagioffer」の販売パートナー募集!

ヤギオファー

業界最安値!1万円de採用「yagioffer」の販売パートナー募集!

ヤギオファー

代理店

【信頼の大手通信回線】高インセンティブの訪問販売案件募集

光回線の営業代行

【信頼の大手通信回線】高インセンティブの訪問販売案件募集

光回線の営業代行

【信頼の大手通信回線】高インセンティブの訪問販売案件募集

光回線の営業代行

代理店

日本一楽しいレンタカー経営【スパイスレンタカー】加盟店募集

スパイスレンタカー

日本一楽しいレンタカー経営【スパイスレンタカー】加盟店募集

スパイスレンタカー

日本一楽しいレンタカー経営【スパイスレンタカー】加盟店募集

スパイスレンタカー

FC その他

【見えないIHクッキングヒーター!】エリア独占型代理店募集!

日本初のオンリーワン商品、見えないIHクッキングヒーター<NEOCOOK>

【見えないIHクッキングヒーター!】エリア独占型代理店募集!

日本初のオンリーワン商品、見えないIHクッキングヒーター<NEOCOOK...

【見えないIHクッキングヒーター!】エリア独占型代理店募集!

日本初のオンリーワン商品、見えないIHクッキングヒーター<NEOCOOK>

代理店

【たった6台販売で黒字化◎】初月で早期回収も可能なスマホ販売

スマホ販売

【たった6台販売で黒字化◎】初月で早期回収も可能なスマホ販売

スマホ販売

【たった6台販売で黒字化◎】初月で早期回収も可能なスマホ販売

スマホ販売

代理店 業務委託 副業

営業支援金を月額3万円お支払い致します!!OA・通信総合販売パートナー

OA・通信総合販売パートナー

営業支援金を月額3万円お支払い致します!!OA・通信総合販売パートナー

OA・通信総合販売パートナー

営業支援金を月額3万円お支払い致します!!OA・通信総合販売パートナー

OA・通信総合販売パートナー

代理店 業務委託

【0円設置で太陽光発電!】販売パートナー募集!

ハチドリソーラー

【0円設置で太陽光発電!】販売パートナー募集!

ハチドリソーラー

【0円設置で太陽光発電!】販売パートナー募集!

ハチドリソーラー

代理店 取次店