カケハシビジネスコラムBusiness Column

業界知識

ロイヤリティとは?ロイヤルティとの違いやビジネス上での用語の意味を解説!

この二つの言葉の意味を的確に説明出来る割合は意外に低い印象です。

両者共に似ているようで実は異なる意味を持つビジネス用語です。

当記事で両者の違いや使われ方などを分かりやすく解説します。

是非参考にしてください。

 

 

​━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

ロイヤリティとロイヤルティの違い

対顧客ロイヤルティを高めるための方法

従業員ロイヤルティの向上方法

ロイヤルティを向上させた企業の事例

ロイヤリティの知識

マーケティング分野でのロイヤルティのメリット

まとめ

​━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 


▼ロイヤリティも案件によりそれぞれ!カケハシでフランチャイズ案件の資料を見てみよう!

 

 

 

ロイヤリティとロイヤルティの違い

●ロイヤリティ【Royalty】

ビジネス上で良く使われる意味:権利者への報酬や利益、著作権使用料などを指す

●ロイヤルティ【Loyalty】

ビジネス上で良く使われる意味:ブランドへの愛着や忠誠心、愛社精神

 

このように、英語では言葉そのものが異なりますが、いざ日本語になると聞き分けが難しい事情もあります。

そのため、実際のビジネスの場ではどちらも区別せずに文脈で理解することも多いです。

ただ、実際には異なる意味を持つ言葉だという認識を持っておきましょう。

用語の定義とそれぞれの意味

ロイヤリティとは、主に知的財産権に対する使用料を指す言葉です。

例えば、著作権や特許権などの権利者に対して、その権利を利用した製品やサービスが発生するたびに支払われる対価です。

これは音楽業界や出版業界などでよく見られます。

他にもフランチャイズビジネスなどでも頻出する概念です。

ロイヤリティ収入は、権利者にとって安定した収益源となる重要な要素です。

 

一方、ロイヤルティは企業と顧客、または従業員との間に形成する忠誠心や信頼関係を指します。

これは顧客が特定のブランドや製品に対して持つ愛着や満足感を表し、長期的なビジネス関係を築くために必要不可欠です。

例えば、ポイントプログラムやメンバーシップ制度などがロイヤルティを高めるための施策として用いられます。

 

このように、ロイヤリティとはロイヤルティは、その目的や使用シーンによって異なる定義を持つことが理解できます。

どちらもビジネスにおいて重要な概念ですが、その役割と影響力は異なります。

企業はこれらの違いを正確に理解し、それぞれの戦略的な活用方法を検討することが求められます。



 

対顧客ロイヤルティを高めるための方法

企業として一番高めるべきはまず顧客への信頼感です。

顧客ロイヤルティが向上すると、顧客が自社のファンになってくれます。

その結果として売上高や単価の向上にも直結します。

特に店舗型チェーン店などの場合顧客ロイヤルティ向上はまず何よりもコミットメントすべきです。

どのようにロイヤルティを深めるのが良いでしょうか?

企業における施策とマーケティング手法

ロイヤルティを高めるためには、企業がさまざまな施策とマーケティング手法を体系的に実行することが重要です。

まず、ユーザーロイヤルティを強化するためには、顧客体験の向上が欠かせません。

高品質な商品やサービスを提供することはもちろん、顧客対応の迅速さやフレンドリーな接客も含まれます。

施策の一案として、ロイヤルティプログラムを導入することが有効です。

ポイント制度や会員制度、リピーター割引などを通じて、顧客が繰り返し利用するインセンティブを提供することができます。

これにより、顧客は企業やブランドに対する愛着を感じやすくなるでしょう。

また、パーソナライゼーションも重要な手法です。

CRM(顧客関係管理)システムを活用して、顧客の購買履歴や嗜好に基づいたメッセージやオファーを提供することで、より個々の顧客に合わせたサービスを実現します。

これにより、顧客は自分が価値のある存在だと感じることができます。

さらに、ソーシャルメディアを活用して、顧客との双方向コミュニケーションを促進することも効果的です。

SNSを通じて顧客の声を拾い上げ、それに応えることが企業への信頼を高める手段となります。

これらの施策を統合的に実施することで、企業はロイヤルティを高め、競争力を維持できるのです。




従業員ロイヤルティの向上方法

一方で、顧客へのロイヤルティを高めるために従業員の信頼感も欠かせません。

そちらも見ていきましょう。

組織と会社のメリット

自社で働く社員のロイヤルティ向上は、企業全体の成長と安定に直結します。

高いロイヤルティを持つ従業員は、仕事に対するモチベーションが高く、生産性も向上します。

この結果、業務効率が上がり、企業の競争力が強化されます。

また、従業員が企業に対して忠誠心を持つことで、離職率が低下し、採用や訓練にかかるコストの削減も期待できます。

 

さらに、従業員ロイヤルティが高まることで、企業文化も強固になります。

従業員同士の信頼関係やチームワークが向上し、職場環境が良くなることで、企業全体の士気も向上します。

従業員が自分の職場を誇りに思うことができれば、自然と業務にも真摯に取り組むようになります。

このように、従業員ロイヤルティの向上は、組織全体に多大なメリットをもたらすのです。

具体的な施策

従業員ロイヤルティを向上させるためには、具体的な施策が必要です。

まずは、適切な評価制度を導入することが重要です。

透明性があり、公正な評価制度は従業員のやる気を引き出します。

また、個々の成果を正当に評価することで、従業員は自身の努力が認められていると感じることができます。

 

教育研修制度の充実もロイヤルティ向上には欠かせません。

スキルアップの機会を提供することで、従業員は自分の成長を実感できます。

これにより、企業に対する信頼感が増し、長く働き続けたいと思うようになります。

福利厚生の充実も効果的です。

健康管理やワークライフバランスの取り組みに力を入れることは、従業員の満足度向上に直結します。

例えば、リモートワークの導入やフレックスタイム制度など、柔軟な働き方を推奨することも一つの方法です。

他にも自己投資への費用を会社負担にすることや、車内販売のサービスを導入するなどの方法も効果的です。

最後に、コミュニケーションの風通しを良くすることも重要です。

上司との定期的な面談やオープンな社内コミュニケーションを促進することで、従業員は自分の意見や不安を共有しやすくなります。

これにより、信頼関係が深まり、帰属意識も自然と高まるのです。




ロイヤルティを向上させた企業の事例

実際にロイヤルティ向上を成功させている企業の実例を元に、参考にすべきところを見ていきましょう。

成功した具体例

ロイヤルティを向上させた成功例としてよく挙げられるのが、スターバックスです。

この企業は顧客ロイヤルティを構築するために多岐にわたる施策を実施しています。

具体的には、スターバックスリワードと呼ばれるロイヤルティプログラムがその一つです。

このプログラムでは、顧客が購入すればするほどポイントが貯まり、それを無料のドリンクやフードに交換できる仕組みです。

また、スターバックスはモバイルアプリを活用して、パーソナライズされたオファーやプロモーションを提供しています。

このアプリを利用することで、顧客は自分の購買履歴や好みに基づいた提案を受けることができ、ブランドとの絆が深まります。

これによって、スターバックスは顧客ロイヤルティを着実に高めています。

もう一つの例として、アマゾンのプライム会員制度が挙げられます。

プライム会員は年会費を支払うことで、無料配送や映像コンテンツの視聴、音楽のストリーミングなど多くの特典を受けられます。

この制度により、顧客はアマゾンを頻繁に利用するようになり、企業に対するロイヤルティが確立されます。

実践的な教訓

成功事例から学べる実践的な教訓としてまず挙げられるのは、顧客に対して価値のある特典を提供することです。

スターバックスやアマゾンの例からも明らかに、顧客が魅力を感じる特典やサービスを提供することで、自然とロイヤルティが高まります。

次に、パーソナライゼーションが重要です。

顧客それぞれの嗜好や購買履歴に基づいたオファーやメッセージを提供することで、ブランドとの結びつきが一層強くなります。

この点においては、CRMシステムやデータ分析を活用することが効果的です。

さらに、関係の継続性を重視することも大切です。

プライム会員制度などのように、継続的に利用しやすい仕組みを構築することで、顧客は長期間にわたってブランドと接触し続けます。

これにより、企業としても安定した収益を確保しやすくなります。

最後に、一貫性のあるブランド体験を提供することが求められます。

顧客がどのチャネルを通じてブランドと接触しても、一貫して高品質なサービスや商品を提供することが、ロイヤルティ向上の鍵となります。




ロイヤリティの知識

ここまではロイヤルティのお話がほとんどでしたが、ロイヤリティはどのように使う言葉か見ていきましょう。

主にはフランチャイズビジネスにて活用されることが多い言葉です。

フランチャイズにおけるロイヤリティ

フランチャイズにおけるロイヤリティとは、フランチャイズ契約のもとフランチャイジー(加盟店)からフランチャイザー(本部)に支払われる使用料のことを指します。

このロイヤリティは、ブランド名やビジネスモデル、ノウハウなどの使用権を提供する対価として徴収されます。

例えば、ファーストフードチェーンやコンビニエンスストアなどが、フランチャイズビジネスにおいてこの方式を採用しています。

 

フランチャイズロイヤリティの目的は、多岐にわたるサポートやトレーニング、広告やマーケティング活動、そして継続的な技術支援などに充てられます。

これにより、フランチャイジーはビジネスの運営がスムーズに進行し、フランチャイザーもブランド全体の品質を維持することができます。

このWin-Winの関係こそが、フランチャイズにおけるロイヤリティの本質です。

定額方式と粗利分配方式の違い

フランチャイズにおけるロイヤリティの徴収方法には、大きくは二つの種類があります。

それが定額方式と粗利分配方式です。

定額方式は、フランチャイジーが月々固定のロイヤリティをフランチャイザーに支払う方法です。

この方式の利点は、フランチャイジーが支払い額を予測しやすいため、計画的な資金運用が可能となる点です。

しかしながら、売上が低調な月でも同額の支払い義務があるため、リスキーな部分もあります。

一方、粗利分配方式では、フランチャイジーの粗利(売上から原価を引いた利益)に基づいてロイヤリティが計算されます。

この方式はフランチャイジーの収益状況に応じて支払い額が変動するため、売上が低調な場合のリスクが軽減されます。

また、フランチャイザーとフランチャイジーが利益を共有する形になるため、双方にとって公平感があります。

どちらの方式が適しているかは、業種やビジネスモデル、双方のリスク許容度などによって異なるため、慎重に検討する必要があります。

いずれにしても、適切なロイヤリティ方式を選択することで、フランチャイズビジネスの成功に繋がるでしょう。

 

 

 


 

 



マーケティング分野でのロイヤルティのメリット

言葉として知っているだけではなく、実際にマーケティング分野では大きく活用出来る概念であることもまた特徴です。

顧客エンゲージメントと売上率の向上

ロイヤルティがマーケティングにおいて果たす役割は非常に大きいです。

まず、顧客エンゲージメントの向上が挙げられます。

前述の通りですが、ロイヤルティプログラムやパーソナライズされたマーケティングキャンペーンを通じて、顧客はブランドとのつながりを感じやすくなります。

このつながりが深まることで、顧客はより頻繁に商品やサービスを利用し、最終的には売上率の向上に貢献します。

さらに、ロイヤルティが高い顧客は長期的なリピーターとなりやすく、その結果としてライフタイムバリュー(=一度きりではなく、生涯を通じて長く売上に繋がる)が増加します。

結果的に、新規顧客獲得にかかるコストを削減でき、より効率的なマーケティング活動が可能となります。

このように、ロイヤルティを高める施策は顧客エンゲージメントを強化し、売上率の向上に直結するため、非常に価値のある戦略と言えます。

効果的な収益分析方法

ロイヤルティの効果を評価するためには、収益分析が不可欠です。

効果的な収益分析方法として、まずKPI(主要業績評価指標)を設定することが重要です。

例えば、顧客生涯価値(CLV)、リピート率、平均購入額などが考えられます。

これらの指標を定期的にモニタリングすることで、ロイヤルティ施策の効果を客観的に評価できます。

他にはセグメント別の分析も有効です。

顧客を購買頻度や購入額に基づいて分類分け(=セグメント化)し、それぞれのセグメントに対する施策の効果を検証します。

これにより、特定の顧客層に対する最適な施策を見つけ出すことができます。

また、アンケートやフィードバックの収集も重要です。

顧客の意見や満足度を直接収集することで、定量的なデータだけでは見えない部分を補完できます。

これにより、具体的な改善点が明確になり、ロイヤルティ向上に直結する施策を導入することが可能となります。

余力があれば、ビッグデータ活用も視野に入れたいところです。

ビッグデータやAIを用いた解析により、顧客行動を詳細に解析し、予測モデルを構築することで将来的な収益予測やロイヤルティ施策の効果を高精度で見極めることができます。




まとめ

ロイヤリティとロイヤルティは、ビジネスにおいて異なる意味と役割を持つ重要な概念です。

ロイヤリティは知的財産権に基づく使用料やフランチャイズの場で使われる権利使用料などを指します。

一方、ロイヤルティは顧客や従業員の忠誠心を意味し、長期的な関係構築に寄与する概念です。

それぞれを正しく理解し、適切に活用することで、企業は競争力を強化し、持続的な成長を遂げることが可能です。

ロイヤリティを高めるための方法として、顧客体験の向上、ロイヤルティプログラムの導入、パーソナライゼーションの実践、そしてコミュニケーションの強化が挙げられます。

また、従業員ロイヤルティの向上も重要であり、適切な評価制度や教育研修、福利厚生の充実が効果的です。

成功した企業の事例から学べる教訓は、価値のある特典の提供とパーソナライゼーション、そして継続的な関係の重視です。

これらの施策を実践することで、顧客と従業員のロイヤルティを高め、企業の成功につなげることができます。




 

 

 

コラム最新記事一覧

新着案件情報

NEW

市場はブルーオーシャン!今最も旬な『DX商材』で市場開拓!

議事録アプリ『SACCA』

市場はブルーオーシャン!今最も旬な『DX商材』で市場開拓!

議事録アプリ『SACCA』

市場はブルーオーシャン!今最も旬な『DX商材』で市場開拓!

議事録アプリ『SACCA』

代理店 取次店
NEW

今夏生まれ変わる!「NURO光」マンション向け代理店募集

NURO光forマンション

今夏生まれ変わる!「NURO光」マンション向け代理店募集

NURO光forマンション

今夏生まれ変わる!「NURO光」マンション向け代理店募集

NURO光forマンション

代理店 取次店 業務委託 副業 その他
NEW

法人・個人宅関係なし!新電力サービスの営業提案で高報酬!

つばさでんき

法人・個人宅関係なし!新電力サービスの営業提案で高報酬!

つばさでんき

法人・個人宅関係なし!新電力サービスの営業提案で高報酬!

つばさでんき

代理店 業務委託

【高収入案件!】ストック/ショットW報酬可!!今話題の健康管理支援!

遠隔見守りシステムREMONY

【高収入案件!】ストック/ショットW報酬可!!今話題の健康管理支援!

遠隔見守りシステムREMONY

【高収入案件!】ストック/ショットW報酬可!!今話題の健康管理支援!

遠隔見守りシステムREMONY

取次店

【完全在宅で月収100万可】副業OKの無在庫物販!今なら無料サポート付

ネットショップビジネス

【完全在宅で月収100万可】副業OKの無在庫物販!今なら無料サポート付

ネットショップビジネス

【完全在宅で月収100万可】副業OKの無在庫物販!今なら無料サポート付

ネットショップビジネス

代理店 FC 業務委託 副業

【ボタン一つで早変わりの杖】で年商2000万円超も可能!高齢者からアウトドア等のサポート

杖型椅子『アサックスチェア』

【ボタン一つで早変わりの杖】で年商2000万円超も可能!高齢者からアウトドア...

杖型椅子『アサックスチェア』

【ボタン一つで早変わりの杖】で年商2000万円超も可能!高齢者からアウトドア等のサポート

杖型椅子『アサックスチェア』

代理店 業務委託 副業

副業・未経験OK&無在庫!1商品で6000万円売上が出る仕組み公開中!

クラウドファンディング物販

副業・未経験OK&無在庫!1商品で6000万円売上が出る仕組み公開中!

クラウドファンディング物販

副業・未経験OK&無在庫!1商品で6000万円売上が出る仕組み公開中!

クラウドファンディング物販

代理店 FC 業務委託 副業

33兆円の拡大市場!ダスキンの『訪問介護FC店』募集

ダスキン・ライフケアFC

33兆円の拡大市場!ダスキンの『訪問介護FC店』募集

ダスキン・ライフケアFC

33兆円の拡大市場!ダスキンの『訪問介護FC店』募集

ダスキン・ライフケアFC

FC