カケハシビジネスコラムBusiness Column

フランチャイズ

フランチャイズのメリット・デメリットとは?初心者が知っておきたい利点・欠点を徹底解説


フランチャイズは、起業家や経営者にとって魅力的なビジネスモデルですが、そのメリットとデメリットを理解することは非常に重要です。

この記事では、フランチャイズのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

さらに、初心者が知っておきたい利点・欠点についても徹底的にご紹介します。

起業を考えている方や新たなビジネスチャンスを追求したい方にとって、この情報は貴重なものとなるでしょう。

 

 

1.フランチャイズとは

まずは「フランチャイズ」がどのようなものなのか見ていきましょう。

 

1-1.フランチャイズとは何か

フランチャイズは、ある企業が自社の商品やサービスを他の個人や企業に対して、特定の条件のもとで提供するビジネスモデルです。

フランチャイズ契約を締結した個人や企業は、特定のブランドやビジネスのノウハウを受け継ぎ、既存の成功したビジネスの形態を複製することができます。

フランチャイズ契約では、フランチャイズ本部(フランチャイジャー)とフランチャイズ加盟店(フランチャイジー)の間で合意事項が定められるのが一般的です。

フランチャイザーはフランチャイジーに対して商品やサービスの供給、ブランドの使用権、マーケティング支援、研修やサポートなどを提供します。

一方、フランチャイジーは特定の契約条件に基づいて、フランチャイザーの指示に従い、事業を運営する責任を負います。

 

それでいてフランチャイズはフランチャイザーとフランチャイジーの双方にとって利点があるのも特徴です。

フランチャイザーは自社のブランドを迅速に展開し、地域や国境を越えた拡大を実現することができます。

一方、フランチャイジーは成功したビジネスモデルやブランド力を持つ企業と提携することで、起業のリスクを軽減し、既存の成功事例に基づいたビジネスを展開することができます。

こうしたフランチャイズはさまざまな業界で挑戦可能です。

有名なフランチャイズの例としてはファストフードチェーン店やコーヒーショップ、ホテル、教育機関、美容サロンなどがあります。

 

1-2.フランチャイズのビジネスモデル

フランチャイズのビジネスモデルは、以下の要素から構成されます。

・フランチャイザー(本部)の提供するブランドやビジネスのノウハウ

フランチャイズ契約を締結する際、フランチャイザーは自社のブランド価値や成功のためのノウハウを提供します。

これには商品やサービスの供給、マーケティング戦略、運営手順、品質管理などが含まれます。

・フランチャイジー(加盟店)の運営責任

フランチャイジーはフランチャイザーの提供するノウハウやブランドを活用して、事業を運営します。

フランチャイジーはフランチャイズ契約に基づいて、商品やサービスの提供、店舗の運営、販売促進活動などを担当します。

・フランチャイズ契約とロイヤリティの支払い

フランチャイズ契約ではフランチャイザーとフランチャイジーの間で具体的な契約条件が定められるのが一般的です。

契約にはロイヤリティや広告費の支払い方法、契約期間、地域の独占権などが含まれます。

フランチャイジーは一定の売上や利益の一部をフランチャイザーに支払うことがあります。

・フランチャイザーからの研修とサポート

フランチャイザーはフランチャイジーに対して研修やサポートを提供します。

これによりフランチャイジーはビジネスの運営方法やサービスの提供方法などを学び、フランチャイザーのノウハウを活かして効果的に事業を展開することができます。

 

 

 

 

2.フランチャイズのメリット

次にフランチャイズのメリットを見ていきましょう。

 

2-1.成功したビジネスモデルの利用

フランチャイズは既に成功を収めたビジネスモデルを利用することができます。

フランチャイズ加盟店はフランチャイザーのノウハウや経験を受け継ぎ、成功したビジネスの形態を複製することができます。

これにより起業のリスクを軽減することができるのです。

2-2.ブランド力の活用

フランチャイズは既存の有名なブランドを利用することも可能です。

有名なブランドは消費者に信頼感を与え、需要を引き寄せる効果があります。

フランチャイザーの広告やマーケティング活動によってブランドの認知度が高まり、集客や販売促進につながることが期待できます。

2-3.統一された運営ノウハウとサポート

フランチャイズ加盟店はフランチャイザーからの研修やサポートを受けることができます。

フランチャイザーは運営手順や品質管理、商品やサービスの提供方法などを指導し、加盟店の運営を支援します。

これにより統一性のある運営が実現し、効率的なビジネス運営が可能となるわけです。

2-4.仕入れや物流の効率化

フランチャイズ加盟店はフランチャイザーからの仕入れネットワークや物流体制を利用することができます。

大量仕入れや効率的な物流システムによって、原材料や商品の調達コストを削減することができます。

また、フランチャイザーの仕入れ交渉力により、優れた品質や価格の商品を提供することも可能です。

2-5.マーケティング支援

フランチャイズ加盟店はフランチャイザーのマーケティング活動にも参加することができます。

フランチャイザーはブランドの広告やプロモーションを展開し、その恩恵を加盟店にも分け与えます。

共通の広告費用を分担することで集客やブランドイメージを効率化できるのが特徴です。

2-6.研究開発とイノベーション

フランチャイザーは新しい商品やサービスの開発やイノベーションに積極的です。

フランチャイズ加盟店はフランチャイザーの研究開発成果や新しいビジネスモデルを受け継ぎ、競争力を維持し、市場の変化に対応することができます。

このような研究開発やイノベーションへのアクセスは個々の独立事業者では難しい場合があります。

2-7.コミュニティとネットワークのサポート

フランチャイズにおいては加盟店オーナー同士がネットワークを形成し、情報共有や相互サポートを行えるようにしているところもあります。

加盟店同士のコミュニティや加盟店主催のイベントも開催されることがあり、他の加盟店との交流やベストプラクティスの共有が可能なケースも見られます。

そうしたサポートの充実したフランチャイズであれば経験や知識を活用し、ビジネスの成功につなげることも可能です。

2-8.成長と拡大の機会

フランチャイズは個々のフランチャイズ加盟店の数を増やすことで成長し、地域や国際的な拡大を図ることができます。

フランチャイズ加盟店の数が増えることで、ブランドの認知度や市場シェアが向上し、企業の規模や影響力を拡大することができます。

また、新たな地域や市場に進出する際にはフランチャイザーのサポートやネットワークを活用することが可能です。

 

 

3.フランチャイズのデメリット

次にフランチャイズのデメリットを見ていきましょう。

 

3-1.制約された経営の自由度

フランチャイズ加盟店はフランチャイザーからのガイドラインやルールに従う必要があります。

これにより、経営の自由度が制約される場合があります。

特定の商品やサービスの提供方法、価格設定、店舗のデザインなどに関してフランチャイザーの指示に従わなければならない場合もあるので注意が必要です。

3-2.初期投資およびロイヤリティの支払い

フランチャイズ契約には初期費用や契約手数料、ロイヤリティ、広告費などの支払いが含まれる場合があります。

これらの費用は加盟店にとって経済的な負担となる可能性があります。

また、ロイヤリティの支払いは売上や利益に対して一定割合が差し引かれるため、収益に影響があることも忘れてはなりません。

3-3.統一性の欠如や競争の問題

フランチャイズネットワーク内での統一性の欠如や競争の問題が発生する場合があります。

同じフランチャイズブランドの加盟店が多数存在する場合、競争が激化し、市場シェアの確保や収益の維持が難しくなる可能性があります。

また、フランチャイザーが加盟店の数を過剰に増やしすぎた場合、市場が飽和し、加盟店同士の競争が激化する可能性も否めません。

3-4.フランチャイザーとの関係の依存

フランチャイズ契約ではフランチャイザーとの関係が重要です。

フランチャイザーの経営方針や意思決定によって、加盟店の経営に影響を受ける可能性があります。

フランチャイザーが経営の失敗や問題を抱えた場合、それが加盟店にも悪影響を及ぼす可能性があります。

3-5.契約の制約と更新の問題

フランチャイズ契約は一定期間のものであり、契約の制約や更新条件があります。

契約期間の終了後、フランチャイズ加盟店が契約を更新するかどうかはフランチャイザーの判断に依存する場合があります。

更新が拒否された場合、加盟店はブランドやノウハウの利用を停止しなければならない可能性があるので要注意です。

また、契約の制約によって加盟店が自身のビジネスを自由に拡大・変更することが制限される場合もあります。

3-6.リスクの共有

フランチャイズはフランチャイザーと加盟店との間でリスクが共有されます。

フランチャイザーの経営方針やマーケット状況によって、加盟店のビジネスに悪影響を及ぼすリスクがあります。

また、フランチャイズ加盟店自体も地域の経済状況や競合状況などのリスクに直面する可能性は否めません。

3-7.終了や転売の制約

フランチャイズ契約では加盟店が事業を終了する場合や他の個人や企業に転売する場合に制約が課されることがあります。

契約にはフランチャイザーが承認しなければならないという条件や、特定の手続きや手数料が必要とされる場合があります。

そのため、加盟店が自身の事業を自由に終了や転売することに制約が加えられる可能性があるのです。

 

4.まとめ

フランチャイズのメリット・デメリットをまとめると以下のようなものとなります。

 

●フランチャイズのメリット

  1. 成功したビジネスモデルを利用できる
  2. 有名なブランドの利用とブランド力の活用
  3. 統一された運営ノウハウとサポートの提供
  4. 仕入れや物流のメリットを享受できる
  5. マーケティング支援と広告効果の享受
  6. 研究開発とイノベーションへのアクセス
  7. コミュニティとネットワークのサポート
  8.  成長と拡大の機会を提供

●フランチャイズのデメリット

  1. 経営の自由度が制約される
  2. 高い初期投資とロイヤリティの支払い
  3. 競争や市場シェアの問題が生じる可能性
  4. フランチャイザーとの関係の依存
  5. 契約制約や更新条件に制約を受ける
  6. 終了や転売に関する制約がある
  7. リスクの共有と経済的な負担
  8. 法的な責任と権利の制約

 

以上が一般的なフランチャイズのメリットとデメリットの要点です。

フランチャイズ選択の際には、具体的なフランチャイズ企業の条件や契約内容をよく理解し、自身のビジネス目標との整合性を考慮することが重要です。
 

 

 

 

 

コラム最新記事一覧

新着案件情報

NEW

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

助け求む!供給不足&大反響で困ってます!未経験/副業/自宅開業OK

和紙屋 ~かずしや~

FC 副業

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

期間限定★急募/全国TVCMで話題!「ミラブルzero」

ミラブルzero

代理店 取次店 副業

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

紹介だけで月間収益が60万超可!超売れるマル秘トーク&アイテム提供中!

ニチガス・太陽光・蓄電池・その他インフラ

代理店 業務委託 副業

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

【店舗】成約率30%越え&継続率90%超えの店舗集客10商材

店舗集客なら「KURUMEO」

代理店 取次店 副業

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

【世界で初めて実証】オゾンで新型コロナが消えた!この世でただ1つの商材

空気清浄機能付きオゾン発生器

代理店 副業

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

2024年~さらに大注目!紹介だけなのに単発&継続のダブル報酬!

特定技能外国人 雇用総合支援サービス

代理店 取次店 業務委託 副業 その他

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

【紹介のみ&年間10万削減可の強力商材】でんき・ガス・水3大インフラ

エルピオでんきガス

取次店 業務委託 副業

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

だれでも週一稼働でネットショップ運営!円安・物価高で低リスク・高収益!

週一ビジネス<アクセス>

FC 副業